【エール】オペラ椿姫はどんな話?双浦環(柴崎コウ)の厳しい言葉についても

 

朝ドラ「エール」で、音(二階堂ふみ)は、音楽学校の記念公演で「椿姫」のヴィオレッタ役をライバルの千鶴子と争います。

「椿姫」はどんなオペラなのでしょうか?

【エール】オペラ椿姫はどんな話?

「椿姫」(つばきひめ)は、ヴェルディが1853年に発表したオペラで、原題は「堕落した女」を意味するLa traviata(ラ・トラヴィアータ)です。原作はアレクサンドル・デュマ・フィスによる小説です。

原作のヒロイン、マルグリット(オペラではヴィオレッタ)は娼婦ですが、誇り高い女性です。純情な青年アルマン(オペラではアルフレード)に思いを寄せられ、それを受け入れようとしますが、貴族の支援を受けているという立場もあり複雑です。アルマンはそれを理解できずに嫉妬から衝動的に彼女を攻撃し、マルグリットは傷つきます。

オペラでは身分違いの恋にアルフレードの父ジェルモンが激怒し、ヴィオレッタは父の願いを受け入れてアルフレードに他に好きな人がいる、とうその手紙を送って別れを告げました。

原作ではマルグリット(ヴィオレッタ)は一人寂しく死を迎えますが、オペラでは最後の幕で恋人の2人は再会し、ヴィオレッタはアルフレードの腕の中で息を引き取りました。

 

双浦環(柴崎コウ)の厳しい言葉について

音は尊敬する双浦環(柴咲コウ)から厳しい言葉を言われます。

「自分だけが楽しんでいるようではプロとして通用しない」

「あなたは何を伝えたいの?」

「どこまで役を理解しているの?」

と言われた音は落ち込みます。

双浦環はなぜこのように言ったのでしょうか?

音は結婚していますが、それまでに恋愛経験がありませんでした。

人生経験の少ない音にヴィオレッタの世界を理解するのは難しかったと思われます。

喫茶バンブーで寸劇「椿姫」

久志に「伝えたいことを明確にするんだ」と言われ、椿姫の世界を理解しようとします。

すると喫茶バンブーで佐藤久志プロデュースのミニシアターが始まります。

主演は店主の梶取保(野間口徹)と妻の恵(仲里依紗)でした。

双浦環役の柴崎コウさんの美しさがネットで評判に!

双浦環役の柴崎コウさんが美しいとのツイートが多く見られました。

まとめ

今回は、音は最終参考で千鶴子に勝てるのか、また、「今のままでは千鶴子に勝つのは難しい」という双浦環(柴咲コウ)の言葉について考察してみました。

※NHK朝ドラ「エール」の他の記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です