【エール】鉄男が勤める新聞社社長の俳優は?斉木しげるの経歴についても!

朝ドラ「エール」で、裕一の幼なじみ村野鉄男(中村蒼)が、勤務先の福島日民新聞社の社長とその令嬢に会う場面がありました。

社長役の俳優は誰なのでしょう?

【エール】鉄男が勤める新聞社社長の俳優は?

福島日民新聞社の社長役を演じているのは斉木しげる(さいき しげる )さんでした。

斉木しげるの経歴について

斉木しげる(さいき しげる )さんは、1949年生まれ静岡県浜松市出身の俳優でタレントです。芝居ユニットシティボーイズ(大竹まこと・斉木しげる・きたろう)の一人です。

シティボーイズの大竹まことさんははコメンテーターでよくお見掛けしますね。きたろうさんもドラマ出演など多くされていて、シティボーイズはそれぞれが個人でも活躍しています。

斉木さんは真面目なお父さん役が多く常識人の風貌ですが、実際は破天荒、という意見もありました。 ↓ ↓

斉木さんは多くのテレビ番組に出演しています。2020年1月放送の、ゆりやんレトリィバァが主演のミュージカルドラマ「ハゲしわしわときどき恋」では踊りも踊っていました。

プロフィール 

斉木しげるさんは静岡県立浜松西高等学校を卒業し、早稲田大学教育学部国文学科に入学したものの中退しています。

1971年に俳優座養成所を中退した仲間が集まり、劇団『表現劇場』を結成しました。このときのメンバーに、大竹まことさん、きたろうさんと、風間杜夫さんがいたそうです。大竹さん、きたろうさんとは後にシティボーイズを結成しました。

過去の代表番組は「今夜もドル箱」というテレビ東京で放送されていたパチンコをテーマにした深夜バラエティ番組です。斉木さんはパチンコが好きで、そのせいで過去に自己破産したのではないかと言われています。

また、競馬も好きなようで、番組の中で馬券の買い方を教えたこともあったようです。

斉木しげるの家族について

斉木さんには奥様と二人のお子さんがいるようです。

1989年に『魔法少女ちゅうかなぱいぱい!』などの東映不思議コメディーシリーズに出演した時に、「僕は実生活でも子どもに対しては放任主義だったんだけど、それをよりデフォルメした感じで芝居をしていた」と話しているそうです。

コメディー以外で演じる役柄は真面目なお父さん、また特撮ものが多いです。

また、斉木さんの兄はイラストレーター・画家の斎藤雅緒(さいとうまさお)さんです。リアルイラストレーションの巨匠と言われ、たくさんの作品や書籍を出版しています。

最近の出演作品

ドラマ

2017年 「就活家族〜きっと、うまくいく〜」 川村聡一郎
2017年 「税務調査官・窓際太郎の事件簿32」  白川幸次郎
2017年 「トットちゃん」 金剛丸五郎
2017年 「陸王」檜山和人
2018年 「オー・マイ・ジャンプ! 〜少年ジャンプが地球を救う〜」 土田跳躍
2018年 「刑事7人」 皆本治
2020年 「犬神家の一族」 犬神佐兵衛
2020年 「離婚弁護士」
2020年 「科捜研の女11」

映画

2017年 「3月のライオン」(東宝 / アスミック・エース)  柳原朔太郎 役
2017年 「牙狼〈GARO〉 神ノ牙-KAMINOKIBA-」(東北新社)  イワキ 役
2018年 「人魚の眠る家」(松竹)

まとめ

今回は朝ドラ「エール」に出演の福島日民新聞社社長役、斉木しげるさんについてまとめてみました。

※社長の娘役の春花さんについてはこちらの記事にあります。

朝ドラ「エール」の今までの放送をスマホやパソコンから無料で観る方法♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です