朝ドラ・エールの放送はいつまで?最終回の放送日は11月28日!

10月4日に追記しました。

 

朝ドラ・エールの放送はいつまで?最終回の放送日は11月28日!

しばらく中断で再放送が続いていた朝ドラ「エール」ですが、9月14日から再開されました。

放送されない期間があったため、放送日程が変更になっています。

最終回の放送日は当初予定の9月26日ではなく、11月28日となります。28日は、最終週の振り返りです。

次期連続テレビ小説「おちょやん」の放送開始日は、11月30日午前8時(総合)、午前7時30分(BS4K・BSプレミアム)となるそうです。

 

以下以前の記事です。

******************************************

4月7日に「緊急事態宣言」が出たのに伴って、NHKは連続テレビ小説「エール」と大河ドラマ「麒麟がくる」の収録休止期間を延長すると発表しました。NHKは1日に「麒麟がくる」と「エール」の収録を当面4月12日まで見合わせると発表しましたが、さらなる延長を決めたことになります。

NHKのサイトで正式に発表がありました。6月29日からは、「エール」第1話から再放送となります

見逃した回があれば、観ることができますね。個人的にはまたあの可愛くて演技の上手な子役たちが見られるかと思うとちょっと嬉しくもあります。

しかし中断の話の先も気になるところです。早く再開してほしい気持ちは山々ですが、気長に待つしかないですね。

放送の一時休止のお知らせ

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、収録を見合わせている連続テレビ小説「エール」は、6月27日(土)<第13週>の放送をもって一時休止することとなりました。
番組を楽しみにご覧いただいてきた視聴者の皆さまには大変申し訳ありませんが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。
放送の再開時期については、収録再開の状況を見極めながら検討し、決まり次第お知らせいたします。(NHK公式サイトより)

 

残念ですが、仕方ないですね。収録再開のお知らせを待ちましょう。

朝ドラ・エール新型コロナウイルス で放送休止はどうなる?

放送休止は十分あり得る

「エール」が放送休止になることは、新型コロナウイルスの感染防止のための収録休止期間がどのくらい長引くかにもよりますが、十分考えられると思います。

NHKのHPによると

「収録の再開は状況を見ながら判断していきます。

今回の措置によって、直ちにドラマの放送が休止することにはなりませんが、今後の放送予定については、番組表や番組のホームページなどでお知らせします。」

 
となっています。

緊急事態宣言が出たにもかかわらず新型コロナウイルスの感染者が増えていることを考えると、収録再開の見通しはいつになるか見当が付きません。何カ月も収録できなければ放送は当然できなくなるでしょう。

2020年度後期 連続テレビ小説「おちょやん」も収録見合わせ

2020年9月28日(月)に始まる後期の連続テレビ小説は「おちょやん」で、ヒロイン役は杉咲花さんですが、2020年4月 クランクイン予定となっていました。

「おちょやん」はすでに制作が開始されていたそうですが、4月7日以降は収録を見合わせるそうです。しょっぱなから気の毒ですね。

放送休止があるとすればいつからいつまで?

HNKによると、2020年度前期 連続テレビ小説『エール』の制作スケジュールは、2019年9月 クランクイン予定となっています。

9月から撮影が始まって撮影休止になるまでにどのくらいの量を撮影できたのかにもよりますね。

NHKは朝ドラ「エール」の収録を4月1日以降、今月12日まで休止としていましたが、さらに延長しました。ただ、いつまで延長なのかは発表していません。

なのではっきりしたことは分かりません。

NHKの予告サイトを見ると裕一と音が結婚し、コロンビアレコードに入社してからの様子などもあるので、かなりの部分まで撮影は進んでいるのではないかと思われます。なので、6月途中くらいまでは放送できるのではないでしょうか。

【5月5日に加筆】

スポニチのニュースによると

早くて6月末に撮影済みの放送回がなくなってしまうことが判明。NHK局内では、当面は異例の再放送や総集編を放送する方向で話し合いが進められている。

だそうです。

6月末から7月には放送休止になりそうですね。いつまで続くかについては

関係者は「おちょやんどころかエールの放送再開を年内にできるか不安が残る。麒麟がくると同様に、放送が年内で収まらないかもしれない。年度内で収まるかどうか」と、越年の可能性も指摘した。(引用:スポニチアネックス)

ということなので、今年いっぱい続くことも考えられそうです。

 

後期の朝ドラ「おちょやん」も全く収録できていないようですし、いったいどうなるのでしょう。

中途半端に縮めて放送、なんてことにだけはならないでほしいですね。

新型コロナウイルスによる他局の動向

他局の収録休止情報

TBS: ドラマやバラエティなどのロケ、スタジオ収録を19日まで見合わせ
日本テレビ: 6日から2週間程度ドラマ・バラエティのスタジオ収録やロケの休止を発表
テレビ東京: 原則として収録は中止
テレビ朝日: 制作上、安全対策に一定の限界があると思われる番組に関しては、収録を一時休止する対応を取る
フジテレビ: 小規模番組以外のロケやスタジオ収録を当面の間控える
関西テレビ: 当面の間、連続ドラマの撮影を休止

スタートの遅れる連続ドラマ

TBS:「半沢直樹」「私の家政夫ナギサさん」「MIU404」
日本テレビ:「未満警察 ミッドナイトランナー」「ハケンの品格」
テレビ朝日:「BG〜身辺警護人〜」
フジテレビ:「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」
関西テレビ:「竜の道」

まとめ

毎日NHK朝ドラ「エール」を楽しみにしている身としては、放映が休止になるとしたらとても寂しいです。

現時点でドラマ番組の関係者に、感染の疑いのある人は出ていない、ということですが、出演していた志村けんさんが新型コロナウイルスに感染して死亡されたり、芸能界でも感染が広まっていることを考えると、収録再開がかなり先になることも考えられます。

その場合は放映中止も覚悟しなければいけないと思いました。

※NHK朝ドラ「エール」の他の記事はこちら

※過去のNHK作品を観るならU-NEXTがお得! 詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です