【エール】おでん屋のおやじさん役の俳優は?花王おさむの経歴についても

 

 

6月1日の「エール」では、裕一(窪田正孝)の幼なじみの鉄男(中村蒼)が福島を引き上げて東京にやってきます。

鉄男が東京でよく行くようになったおでん屋のおやじさんがとてもいい味を出していて、今後鉄男がおでん屋になるきっかけを与えてくれるような気がします。

おでん屋のおやじさんを演じているのは誰なのでしょう?

【エール】おでん屋のおやじさん役の俳優は?

おでん屋のおやじさん役の俳優さんは花王おさむ(かおうおさむ)さんです。

花王さんは、1949年生まれ東京都出身の俳優さんです。クリオネ所属。

花王おさむの経歴について

花王さんは早稲田大学第一文学部中退し、劇団東京ヴォードヴィルショー結成メンバーとなったそうです。舞台を中心に活躍している俳優さんですが、テレビや映画でも渋い演技で人気があります。

最近ではテレビ朝日開局60周年記念ドラマ「やすらぎの刻」に出演していました。

「やすらぎの刻」での役どころ

「やすらぎの刻」では、肺を病んで婚家から村はずれの土蔵に隔離された鮫島紀子(佐久間麻由)の、近所に住む老人役を演じていました。

婚家は紀子に冷たかったのですが、老人だけは、紀子を見捨てずにいて、紀子を訪ねてきた公一に「面倒みるから心配するな」と言うのでした。

そんな老人役を花王さんは自然体で演じていました。

代表作品

1999年 金翅雀の群れ (NHKテレビ)
2015年 ダマシバナシ (日本テレビ)
2016年 クレシダ (舞台)
2018年 春 (映画)

主な出演作品

【テレビ・映画】
 
2012年 「ATARU」 (TBS) 石嶺勝男
2013年 映画「ストロベリーナイト」島本秀彦
2013年 「救命病棟24時」(フジテレビ) 桑田章市 
2018年 「西郷どん」(NHK大河ドラマ) 白石正一郎
2019年 「やすらぎの刻~道」(テレビ朝日)老人
2020年 「特捜9 season3」 藤田晴彦

【舞台】

2011年 金閣寺 副司
2012年 ジキル&ハイド
2017年 名人長二 

「芝居噺 名人長二」に出演されたときのインタビュー動画。このお芝居で花王さんは和尚と岩村玄石の二役を演じました。

原作は、江戸末期から明治にかけての落語界の大師匠三遊亭圓朝の作品「名人長二」で、江戸末期、指物師(箪笥や箱などを作る職人)として生きた男・長二郎をモデルに創作した人情噺です。

フランスの小説家モーパッサンの短編小説「親殺し」をもとにして書かれているところも興味深いですね。

 

「エール」での役どころ

「エール」で花王さんは、おでん屋の店主山根を演じていました。
 
店じまいをするにあたって、鉄男に店を引き継いでくれないかと頼みます。
 
その後、このおでん屋にいろいろな人が集い、ドラマも生まれます。
 

おでん屋のそばに住み着いた犬もいました ↓

 

 

花王おさむのファンの投稿

花王さんは役者仲間からもとても愛されている役者さんのようで、SNSにはたくさんの花王さんについてのつぶやきがありました。

まとめ

花王おさむさんについてのまとめでした。新しい情報が分かり次第追記していきますね。

※NHK朝ドラ「エール」の他の記事はこちら

朝ドラ「エール」の今までの放送をスマホやパソコンからお得に観る方法♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です