【エール】高校球児・竹中渉役はルパンレッド伊藤あさひ!経歴や性格についても

 

朝ドラ「エール」で、思春期の華(古川琴音)が好きになる男子が登場し、裕一(窪田正孝)はやきもきします。

演じているのはルパンレッドを演じた人気俳優・伊藤あさひさんです。竹中渉は華の彼氏になるのでしょうか。

こちらでは裕一と音の娘・華(古川琴音)が好きになる相手役の高校球児・竹中渉(たけなか わたる)を演じる伊藤あさひさんについて見ていきたいと思います。

 

【エール】高校球児・竹中渉役はルパンレッド伊藤あさひ!

竹中渉役を演じるのは、伊藤あさひさんです。

「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」で、ルパンレッド・夜野魁利(やのかいり)役で活躍していましたね。

今回高校球児ということで、初めて坊主頭にしたそうです ↓

エール出演に当たっての伊藤あさひさんのコメントです↓

初めて、連続テレビ小説に出演させていただく事になりました。毎朝楽しみにしている作品「エール」の世界に自分が出演できること、大変嬉しく思います。

野球の経験も活かせる役を演じることになり、主人公が作曲した「紺碧の空」や「栄冠は君に輝く」を実際に聴きながら生活しています。

何事にも一生懸命で真っ直ぐな竹中渉を、精一杯楽しみながら生きるつもりです。ぜひ登場を楽しみにお待ちください。

引用:NHKサイト

「野球の経験も活かせる」とありますから、野球をやっていたのですね。

伊藤あさひさんはどんな経歴の持ち主なのでしょうか。

伊藤あさひの経歴

インスタより↓ 目力すごいですね!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

どアップ。 #このポーズは

伊藤あさひ(@asahi_ito_official)がシェアした投稿 –

プロフィール

誕生日 2000年1月19日 
出身地 東京都
身長 178cm
血液型 O型
所属 研音
趣味 カメラ
特技 野球、バドミントン

出演作品

近年の主なドラマ出演作品

2017「緊急取調室」 
2017「先に生まれただけの僕」
2018~2019 「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」 
2019 「俺のスカート、どこ行った?」 
2019〜2019「高嶺と花」 
2019 「べしゃり暮らし」 
2019 「カフカの東京絶望日記」 
2019 「4分間のマリーゴールド」 
2020秋 「マイルノビッチ」

近年の主な映画出演作品

2018年 スーパー戦隊シリーズ
2020年 劇場版 騎士竜戦隊リュウソウジャーVSルパンレンジャーVSパトレンジャー
2020年 私がモテてどうすんだ

ルパンレッドなど経歴

伊藤さんが俳優になったきっかけは事務所からのスカウトだそうです。

サロンモデルをしていた時の写真のデータを今の事務所の方が見つけてスカウトしたそうです。

2017年にドラマ「緊急取調室」でデビューしました。

2018年「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」で主役のルパンレッドを好演します

この時、東映プロデューサーは、10代の若者がキャラクターを演じるのは難しいと思っていたそうですが、オーディションに現れた伊藤さんがキャラクターにぴったりだったので採用したそうです。

戦隊シリーズにおいてレッドを演じた俳優の中で、初の2000年代生まれとなりました。

伊藤あさひさんの主な出演作は「高嶺と花」「4分間のマリーゴールド」映画「私がモテてどうすんだ」など。

これからどんどん活躍しそうなイケメン俳優さんですね!

 

伊藤あさひの性格やプライベート

伊藤あさひさんは、雑誌「サンキュ」のインタビューで、自身の性格について述べています。

性格は平和主義で頑張り屋

それによると、性格は「平和主義で感情の起伏があまりないんです」だそうです。

「怒ることもあまりないんです。唯一怒るのはうそをつかれたとき。だれも幸せにならないうそはよくないです!幸せを感じるのはおいしい物を食べているときと、愛犬と遊んでいるとき」。

怒らないなんていいですね!周りの人がのんびり付き合えそうです。

男女問わず友達を作るのが得意なのは、子どもの頃転校が多かったからだそうです。

全校生徒の前で挨拶をすることが多かったので、自然と人前で話すのが得意になったのかもしれませんね。

また、現在俳優業と大学生活を両立させているという事で、かなりの頑張り屋さんだという事も分かりますね。

大学の名前は分かりませんが、慶応大学ではないかといううわさもあります。

「大学は法学部でたくさん課題が出るので、大変です。内容もむずかしいから課題が終わったときはすごく達成感があります」だそうです。

学業との両立はかなり大変だと思いますが、がんばって卒業してほしいですね!

恋愛観などプライベート

恋愛に関してはあまりこだわりは強くないそうです。

「好きな女性のタイプもあまりなくて、きちんとしていて清潔感があれば、あとはフィーリングが合う人がいいですね。ドラマに出てくるような華やかなヒロインタイプの女の子に憧れはあるけど、もっと普通の親しみやすい人のほうがつきあいたくなると思います」

とのことです。

プロポーズのセリフや理想の結婚相手は?

普通に「結婚してください」と言いたいそうです。冗談で「僕のみそ汁を毎日作ってください」とも言っていました。

一緒にいて気をつかわない、空気感が合う人と出会いたいそうです。そして結婚しても休日は一緒におしゃれなカフェに行ったりしたいのだそうですよ。素敵ですね!

 

「エール」での竹中渉の役どころ

「エール」の中で伊藤あさひさんは、高校球児の役を演じます。

「エール」98話で、古山家の一人娘・華を家まで送ってきていました。

「自分のことばかり話してごめんね」と言っていたので、二人で話しながら来たのでしょう。

音が歌のレッスンから戻ってきて二人が家の前にいるのを見てしまいます。

華に、誰なのか聞く音。華は「となりの学校の人で、友だちの友達」と答えます。

華はいろいろ聞かれるのが嫌なようでした。「お父さんには言わないで。めんどくさいから」と言います。いかにも思春期の女の子、という感じですね。

竹中渉は、野球をやっていて、華の父親が「栄冠は君に輝く」の作者だと知って後に裕一(窪田正孝)にサインをもらいに来るようです。

華の様子を見た裕一は、華が渉に恋心を持っていることを見抜き複雑な心境になりますが、一方音(二階堂ふみ)は、華が予科練に入隊して戦死した弘哉への想いを乗り越えたことを喜ぶのでした。

伊藤あさひが朝ドラに出ることを喜ぶSNSの声

伊藤あさひさんが朝ドラに出ることを知った方たちが、たくさん喜びのツイートをしていました。

これをきっかけに「エール」を見る女性が増えそうですね。

まとめ

今回は華が思いをよせる高校球児役で朝ドラ「エール」に出演する伊藤あさひさんについてまとめました。

野球球児らしい爽やかな姿でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です