【エール】鉄男のおでん屋にいた負傷した復員兵役の俳優は?兼松若人の経歴についても

9月23日の「エール」で、おでん屋のシーンがありました。

こちらでは、その場面に負傷した復員兵(傷痍軍人)として登場する若者・白石役を演じる兼松若人(かねまつわかと)さんについて見ていきたいと思います。

 

【エール】鉄男のおでん屋にいた負傷した復員兵役の俳優は?

兼松若人(かねまつわかと)さんが演じます。


引用:クリオネ

「エール」に出演すると報告の兼松さんのツイート↓

 

兼松若人出演場面

場面は鉄男が経営するおでん屋です。

号外を見ながら、日本の戦争での活躍を喜ぶ2人の客に対し、「あんたら、戦場がどんなところか知ってて言ってんのか」と怒りを含んだ口調で言う若者・白石役です。

客の1人が酔った勢いでつかみかかろうとしますが、白石には右手が無いのでした。

戦争に行ったものの、負傷して日本に帰ってきたのです。

戦争の悲惨さを忘れるために酒を飲むしかない、とすさんだ目で鉄男に言います。

「地獄だよ、戦場は。心を殺さないとやってらんねえ」という言葉に、鉄男は「ご苦労様でした」と頭を下げるのでした。

兼松若人の経歴について

戦争で負傷して帰ってきた白石役を演じる兼松さんの経歴について調べました。

プロフィール

誕生日 1980年10月18日
出身地 大阪府守口市
身長 177cm
血液型 O型
所属 クリオネ
趣味 映画鑑賞 ライブ観賞 競馬観戦 フットサル ビリヤード バスケットボール
特技 スノーボード MC 歌 ギター 殺陣 バック転 ハンドボール 裁縫

ラストレシピなど出演作品

主な映画出演作品

タイトル
2008 蒼空
2009 最期のチャンス 主演・一条達矢
2017  
2017 ラストレシピ 楊晴明(青年期
2018 「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんhikari だよ!!」 大発

 

最近の主なテレビ出演作品

タイトル テレビ局
2014 警視庁捜査一課9係 テレビ朝日 加藤孝輔
2014 警視庁機動捜査隊216IV TBS 桑野将太
2016 立花登青春手控え NHK 参吉
2018 西郷どん NHK 吉村虎太郎
2019 ストロベリーナイト・サーガ フジテレビ 谷口寛
2020 仮面ライダーゼロワン テレビ朝日 立花蓮太郎
2020 連続テレビ小説 エール NHK  

 

兼松さんは、今までインディーズムービーに多数出演しています。

2009年には映画「最期のチャンス」で一条達矢役を主演しました。

2017年には映画「スプリング、ハズ、カム」、映画「ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~」など話題作でも活躍します。

趣味は映画鑑賞、ライブ観賞、競馬観戦、フットサル、ビリヤード、バスケットボールとあるので、スポーツも得意なのでしょう。

 

 

ツッパリキャラが多い

 その風貌のせいか、ツッパリキャラも多く演じています。当時の写真が怖い!↓

 演技力や人格が評価され、一度付き合った監督やプロデューサーからのリピートが多い役者だそうです。

 

結婚などプライベート

兼松さんが結婚されているかなどは残念ながら分かりませんでした。

ツイッターなどにもそれらしい話題はありませんでした。

地元の盆踊りにも参加

兼松さんは、地元の盆踊りのゲームで大きなスイカを当てたことがあるそうです↓

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

近所の町内会の盆踊り大会に行ってみたら、なんとドデカイスイカをゲットぉ〜〜っ!!!(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎ 目隠しおじさんが紅白の球を引いて、その球が赤か白かを当てるだけのドシンプルなゲームに参加してみたら、大勢の参加者の中から最後の最後の1人に…なれなかったんですけどw なんともう一つ賞品を用意してまーす!ということで、その次の1人になれましたw いぇ〜い♪ラッキー♪٩(^‿^)۶ 自分の顔よりもデカイこんなスイカ食べたこと無いし、何よりめちゃめちゃ重くて持って帰るのが大変でしたが、美味いスイカを毎日食べれて幸せ♪( ´ ▽ ` )あざまぁーーーっす!!! #盆踊り #盆踊り大会 #スイカ #すいか #西瓜 #デカイ #でかい #賞品 #二等賞 #ラッキー #夏 #日本の夏 #bonodori #watermelon #big #summer #prize #japan

兼松 若人(@warcut)がシェアした投稿 –

ツイッターが楽しい

兼松さんはツイッターでよくツイートしているのですが、楽しくて性格の良さが伝わってきます。

お母さんとの会話↓

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

いやぁ〜〜それにしてもまさか自分がショッカーの怪人になる日が来るなんて…(まずショッカーじゃないし怪人と言っていいのかどうかもわからないww) なんか不思議な気分ですね。嬉しいけどw オンエアされた日の晩には、お母んから電話がかかってきて、あの変身した後も若人がやってんのか???てww いやいやいやw まあ、役者長いことやってるから常識やと思ってたけど、一般的にはそうでもないのかな!? うちのお母んが知らな過ぎるだけかな!? 声は後で録るけど、あれはみんなジャックの人達がやってはんねんで〜! 仮面ライダーは昔からジャックや。今はジャパンアクションエンタープライズやからジャエ(JAE)やけど。 千葉真一さんが作ったジャック(JAC)やで。 と説明したら、へえ〜〜そ〜なんかいな!それだけ気になったからな〜〜と。 いや、それだけかいっ!!(笑) と、つっこんだら、まあ家元てあんなんかな?上手いことやっとったよ?と上から目線w まあ、しゃーないか。親やしww という訳で、立花蓮太郎はクラッシングバッファローレイダーと化した訳ですが、そのクラッシングバッファローレイダーを演じて下さったのは、JAEの神前元さんです。 JAEに共通の知人がいて、盛り上がったりして、とても接しやすい良い方でしたよ♪ またお会いできる日を楽しみにしております。( ´ ▽ ` ) #仮面ライダーゼロワン #ゼロワン #仮面ライダー #変身 #ショッカー #怪人 #クラッシングバッファローレイダー #バッファローレイダー #クラッシングバッファロープログライズキー #レイドライザー #立花蓮太郎 #華道家 #家元 #兼松若人 #神前元 #スーツアクター #jae #jac #千葉真一 #お母ん #おかん #オカン #上から目線も当たり前 #だって親だもの

兼松 若人(@warcut)がシェアした投稿 –

まとめ

今回は「エール」で負傷兵の役を演じた兼松若人さんについてまとめました。

個性派の俳優さんで存在感がありますね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です