新型コロナでトイレ・便器の在庫入荷はいつになる?売っているお店や取扱店舗まとめ

新型コロナは経済にも影響していますが、トイレが壊れても修理できない、など私たちの日常生活の思いがけないところにも影響が出ています。

ツイッターより

トイレ・便座の在庫状況や販売店まとめ

在庫状況や販売に関するツイートです。

アマゾンでもまだ注文できるものもありました。

楽天はこちら。売り切れが目立ちます。

トイレの在庫が来ないのはなぜか

水まわり住宅総合機器メーカーのTOTOが商品納期に関するお知らせを出しています。

それによると、納品までに時間がかかる商品として、トイレ、システムキッチン 、水栓金具 、ユニットバスオプション部材などが挙げられています。

理由は、中国の協力会社からの部品供給に遅延が生じているためだそうです。

建設業界や不動産業界はこの事態に大混乱で、倒産の危機もありそうです。

不動産業界では中国からのトイレが入荷せず、設置できないためにマンションなどの納品ができない状態が起きています。

トイレ以外にも物流がストップしている例

雑誌の付録

数年前から雑誌にバッグやポーチなどの付録が付くようになり、付録が欲しくて雑誌を買う人も多いようですが、この付録もほとんど中国で作られているため、新型コロナウイルスが流行し工場がストップしたことで、付録が入荷しないので、付録なしで値段を下げて販売する雑誌もあるようです。

ウエディングドレス

世界中で販売されているウエディングドレスの多くは中国で製造されているそうです。中国でウエディングドレス専門の工場が稼働していなかったので、この夏はウエディングドレスの供給が大幅に不足する見通しだという事です。

まとめ

新型コロナの影響は本当にいろいろなところに出てきていますね。

今までいかに製造が中国に依存していたかが分かります。マンションが引き渡しされない、トイレや水道が壊れても修理できない、など私たちの生活にも直接かかわる問題が今後増えそうです。

中国は感染者が減って、工場などの稼働を再開することろも増えていますが、すぐに回復するとは思えません。感染者も落ち着いたままとも限りませんし、今後どうなっていくのかまだまだ分かりませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です