七海ひろこ選挙戦からの撤退表明!独身かどうか、また選挙活動・経歴についてまとめ

 

※2020年都知事選に立候補していた七海ひろこ(ななみひろこ)さんは、6月25日に選挙戦からの「撤退」を表明しました。

以後選挙運動を行わないそうです。急なことで驚きました。2016年の出馬に引き続き若いパワーで選挙戦に臨んでいる印象でしたので、なぜ急にやめることになったのか不思議です。

七海ひろこ選挙戦からの撤退表明!

撤退表明を知らせる報告 ↓

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

いつもご支援ありがとうございます。 幸福実現党の七海ひろこです。 出馬しております東京都知事選について、皆さまに大切なご報告がございます。 本日6月25日、選挙戦8日目、この度の東京都知事選から撤退することを決断いたしました。 これまでご支援くださった東京、全国の皆さまに心より感謝とお詫びを申し上げます。 最後まで戦い抜く覚悟で走ってまいりました。 100倍目指すと言った気持ちに嘘偽りはありません。 しかし、マスコミに結果誘導をされ、公平に報道されることのない今の都知事選では、民主主義は消滅してしまっていると言えます。 報道されなければ存在しないことと同じ。それは前回の都知事選でも感じてきたことです。 今回、あえてこのタイミングで撤退を表明することにより、マスコミ型民主主義のあり方に一石を投じたい。これから政治に参加する未来の若者たちのためにも、東京の、日本の政治参加のチャンスの平等、民主主義を守りたいと存じます。 撤退はいたしますが、期日前投票でいただいた皆さまからの大切な一票一票はすべて有効票となります。 心の底より感謝申し上げます。 ご期待くださった皆さま、改めて深くお詫び申し上げます。 これからも志を崩すことなく政治活動を続けてまいります。 引き続きのご支援、ご指導賜れましたら幸いです。 何卒よろしくお願い申し上げます。 幸福実現党 七海ひろこ #幸福実現党 #七海ひろこ #東京都知事選挙 #都知事選挙 #都知事選挙2020 #東京都知事選挙2020

七海 ひろこ(@nanamihiroko_)がシェアした投稿 –

撤退表明後のインスタグラム ↓

七海さんは幸福実現党から出馬しているので、党の指示が何かあったのでしょうか。

今回の選挙戦撤退については「(自らを含まない)主要5候補という形で偏向報道がされている」ことを理由として挙げています。

報道の偏向についての疑問はもっともですが、最近ではSNSやネットで候補者について知る機会も増えてきていることもあり、今までのようなテレビや新聞中心の報道が変化しつつあるのではないかと思います。

そんな中で撤退したのはちょっと残念な気がします。

都選挙管理委員会によると「立候補の辞退ができるのは告示日の午後5時までであるため、投票は有効票になる」という事です。

以下以前の記事です。

******************************************

2020年東京都知事選の告示が6月18日午後5時で締め切られ、17日間の選挙戦を経て、7月5日に投票が行われます。

2016年に都知事選に初立候補して、今回2度目の出馬の七海ひろこさんについて調べてみました。

七海ひろこ結婚歴はなく独身?

七海ひろ子さんが結婚しているかどうか気になる人が多いようです。

前回の都知事選の後に結婚したという情報もありましたが、本当はどうなのか分かりませんでした。

恋人については、以前付き合っていたボーイフレンドが東京・築地のラーメン店に連れて行ってくれたことがきっかけでラーメンが好きになった、と話されています。

また、2014年のインタビューで、結婚について「中東の石油王と結婚する」と述べていました。もし結婚しているとすると相手は中東の石油王なのでしょうか。そうだとしたら絶対にばれますね。たぶんそれはないと思われます。

なので、たぶん独身なのではないでしょうか。

また、七海さんはネットではかわいいことで話題になっています。

選挙活動や経歴についてまとめ

七海さんははかわいいだけではなく、信念をもって政治活動をしていることが分かりました。

プロフィール

引用:Twitter

誕生日 1984年8月1日
出身 東京都大田区
政党 幸福実現党
趣味 ジョギング、読書、映画鑑賞
主な経歴 元・(株)NTTデータ
出身大学 慶應義塾大学法学部卒業
結婚 独身(既婚のうわさあり)

経歴

七海ひろこ(ななみひろこ)さんは、小さいころからご両親の影響で、社会のお役に立ちたい、と考えていたそうです。

七海ひろこという名前は本名ではなく、北林寛子(きたばやしひろこ)が本名のようです。「ひろこ」は一緒ですね。

幸福の科学では改名はよくあるようで、芸能人の清水富美加(しむずふみか)さんが千眼美子(せんげんよしこ)に改名したことは有名ですね。

七海さんが小学生の時に湾岸戦争が起こり、その時になぜ戦争が起きるのかを考え、社会のことに興味を持つようになったようです。

ちなみに小学生の時は丸顔だったことから「アンパンマンみたい」と言われていたとか。(本人談)

高校は慶応の女子高で、生徒会の活動などを行いました。

慶応大法学部卒業

慶応女子高から慶応大学法学部政治学科を卒業し、(株)NTTデータに就職しています。

その後「幸福実現党」に入党し、2014年から国政への挑戦を始めました。

 

 

政治家としての経歴

●2014年衆院選 比例北陸ブロックより出馬

●2016年参院選 比例全国区より出馬

●2016年 東京都知事選出馬

●2017年衆院選 比例東京ブロックより出馬

●2019年参院選 東京選挙区より出馬

いずれも当選はしていませんが、次第に注目を集めるようになっています。

公平な報道を求める活動

6月11日、七海ひろこさんは総務省宛に「東京都知事選挙において放送法4条に基づき政治的に公平な報道を求める申入れ書」を提出しました。

2016年の都知事選でも七海ひろこさんら6人の候補がBPOと民放4局への要望書を提出しています。

当時小池百合子氏、増田寛也氏、鳥越俊太郎氏の3氏が、「主要3候補」として集中的に報道されたことからです。

要望書を提出した後民放での「主要3候補」以外の立候補者を取り上げるようになりました。

2016年の選挙では、「主要3候補」以外の候補者が民放の主要ニュース4番組で放送された時間はわずか2~3%だったそうです。

なお、「主要候補」以外の立候補者で、当選する見込みが極めて薄い選挙立候補者のことを泡沫候補(ほうまつこうほ)と呼ぶこともあります。

ハグ作戦は今年はコロナで無理か

七海ひろこさんは、2016年にも都知事選に出馬していますが、選挙活動中に有権者とのハグで有名になりました。

ハグについて、インタビューでこのように話されています。

戦略だったらすごいなと我ながら思うんですけど、そんなんではなくて(笑)もともと政治に入る前には国際関係の仕事を何年間かさせていただいて、仕事も含めて海外旅行が好きだったので30か国以上は行っていて、パスポートが埋まってしまい何回行ったか数えられないんですけど、そういう中でいろんな国の方と会って、ハグって自然な愛情表現、コミュニケーションの一つで、男女かかわらず同じ職場の人とも全然日本人でもハグするし、そういう中で何年かいたので。

「応援するよ!」って言っていただいたら、「ありがとうございます!」って言って、ナチュラルにしていました。

引用:選挙ドットコム

七海さんは以前幸福実現党の母体である幸福の科学で国際本部に従事し、仕事で海外に行く機会が多かったといいます。

海外に行くことが多かったので、七海さんにとってハグは自然なことなのですね。

ハグ作戦は無理?

しかし、今回はコロナの影響もあり、ハグ作戦は難しそうですね。

SNSでもハグのことを気にしている投稿がありました。

まとめ

2020年の都知事選に出馬の七海ひろこさんについて

・たぶん独身であること

・経歴

・ハグ作戦

についてのまとめでした。

七海さんは1914年に初出馬してから、2016年の参院選、続いて同年の都知事選、2017年衆院選、2019年参院選と、毎年のように出馬しています。

とてもバイタリティーのある女性だと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です