【エール】文芸誌記者役の俳優は?境浩一朗の経歴についても

朝ドラ「エール」14週では、音(二階堂ふみ)の妹・梅(森七菜)が文芸誌の新人賞を取り、豊橋から出てきます。

その文芸誌の記者が、梅と、ライバル作家の幸文子(森田想)の対談を依頼する場面がありました。

その文芸誌の記者役の俳優は境浩一朗(さかいこういちろう)さんでした。

 

【エール】文芸誌記者役の俳優は境浩一郎

文芸誌の記者役をやっていたのは境浩一朗(さかいこういちろう)さんです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

昨日またひとつ歳をとりました Facebookやメール・LINEなどで たくさんのお祝いメッセージありがとうございます😊 娘が寝静まった後、日付けが変わるギリギリでやっと乾杯🥂する事が出来ました 子育ての忙しい中、美味しいお祝い🍽を作ってくれたお祝いイベント好きの嫁さんに感謝 美味しかったです ありがとう そして産んでくれた熊本の母に感謝🤱 ありがとう 新しい歳はどんな時を過ごすのか… 先ずはこの騒ぎが終息し日常が戻って来る事を切に願います 仕事復帰したら今までと変わらず ひとつひとつを丁寧に自分の役割を確実に熟せる役者で居れるよう務めれたらと想ってます あとは今僕の膝の上でギャーギャー元気に騒いでいるこの娘と一緒に父親として成長していけたらと想います^_^ これからも境浩一朗 よろしくお願いします stay Home #境浩一朗 #俳優 #誕生日 #happybirthday #ありがとう #おうち時間 #stayhome

Koichiro Sakai(@sakaikoichiro)がシェアした投稿 –

堺さんは、2019年のNHK朝ドラ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」で、池部家の番頭役を演じていた方です。

この時はお話が郷里の熊本だったことから、出演者に方言指導もされたそうです。

「エール」での役どころ

境浩一朗さんの役どころは、文芸誌の記者でした。

梅は「文芸ノ友」という文芸誌の新人賞をとっているので、「文芸ノ友」の記者だと思われます。

新人賞を企画実行しているので、かなり大きな文芸誌なのでしょう。

新人賞と言えば、芥川賞が思い浮かびますね。文藝春秋社を創業した菊池寛が、1935 年(昭和10年)に創設した文学賞です。

時代的にも、「文芸ノ友」の新人賞は、芥川賞をモデルにしているのかもしれませんね。

文芸誌の対談では、ライバル心をむき出しにする幸文子(森田想)に対し、素直な感情を話す梅でした。

文子は終始不機嫌で途中で席を立ってしまいます。

そこで二人は相手のことをどう思っていたのかを話します。

それにしても対談をまとめなくてはならない記者はどうするのでしょうか。大変ですね。

 

境浩一朗の経歴

境浩一朗さんは、九州東海大学(現・東海大学)を卒業し、地元熊本のFMラジオ局に入社しました。

そこで番組DJ・ナレーション・番組制作などに携わりましたが、26歳の時に俳優の道を志して上京します。

2010年から1年間、堺功一の芸名で活動後、本名の境浩一朗に戻し活動を再開します。

舞台や映画・ドラマ・CMなどに多数出演しています。

役柄は、優しいお父さん・医師・刑事・社長などが多いですが、オカマの役なども。幅広い役をこなしています。

引用:ケイエムシネマ企画

また、多くのCMに出演しています。

プロフィール

誕生日 1975年5月2日
出身地 熊本県玉名市天水町
身長 175cm
血液型 O型
出身大学 九州東海大学(現・東海大学)
所属 ケイエムシネマ企画
趣味 ドライブ
特技 イラスト、料理、動画編集。千唐流空手初段。

「いだてん」など出演作品

主な映画出演作品

タイトル 監督
スピニングカイト  加瀬聡監督
はなればなれに  下手大輔監督
3月のライオン 大友啓史監督
DESTINY 鎌倉ものがたり  山崎貴監督

最近の主なテレビ出演作品

タイトル テレビ局
2019 いだてん NHK 池部家番頭役
2019 同期のサクラ NTV 都市開発部部長役
2019 ニッポンノワール NTV 捜査官役
2020 アライブ CX 麻酔科医役
2020 絶対零度 CX 上司役
2020 連続テレビ小説 エール NHK 記者役

プライベートはやさしいお父さん

堺さんは、インスタグラムやFacebookにご家族のことをよく載せています。

結婚記念日には毎年外食をしていたそうですが、お子さんが生まれたので、5年目は自宅で焼き肉をされたそうです。

家族思いの様子が文章から伝わってきます。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

本日結婚記念日です 5年経ちました いつもありがとう 昨晩、1日早いお祝いの宴 毎年外でちょっとだけ贅沢な食事をしてましたが今年は流石にそうもいかず、帰りにスーパーで買い出しして 自宅で焼肉やりました …案の定ゆっくりと食事する事はゆるされる筈はなく、オムツ替えたりおっぱいあげたり…結局冷えたお肉を食べる事になる まぁ、美味しかった^_^ こんな記念日もありです 来年はこの子も一緒に食事出来るかな… #境浩一朗 #俳優 #記念日 #おうち焼肉 #部屋が焼肉臭い

Koichiro Sakai(@sakaikoichiro)がシェアした投稿 –

 

まとめ

文芸誌の記者役の俳優・境浩一朗さんについてのまとめでした。

これからもいろいろなドラマや映画で活躍してほしいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です