【エール】ラーメン屋の店主・天野弘役の俳優は?山中崇の経歴についても

こちらでは、朝ドラ「エール」で、闇市のラーメン屋の店主・天野弘(あまのひろし)を演じている山中崇(やまなかたかし)さんについて調べてみました。

 

 

【エール】ラーメン屋店主天野弘役の俳優は?

ラーメン屋の店主・天野弘を演じているのは、俳優の山中崇(やまなかたかし)さんです。


引用:https://www.cinra.net/news/gallery/153508/2/

プロフィール

生年月日 1978年3月18日
星座 うお座
血液型 O型
身長 175cm
出身地 東京都
出身大学 東京経済大学コミュニケーション学部
配偶者 西野まり
所属事務所 ザズウ

プライベート

山中さんはカレーマイスターの資格を持っています ↓

日本野菜ソムリエ協会によると、カレーマイスターとは、

「カレーをこよなく愛し、カレーに関する様々な知識の習得に努め、カレー文化の発展に尽力を惜しまない人。

一般生活者の方たちに対し、カレーを通じて食の楽しみを語ることができ、また社会へ働きかけることができる人」

なのだそうです。

カレー好きでないとなれないですね。山中さんはカレー好きを公表しています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

わたくし、カレーマイスターになりました。#カレー行脚 #カレーマイスター

山中崇 Takashi Yamanaka(@takashi_yamanaka.official)がシェアした投稿 –

山中崇の家族

奥様の西野まりさん ↓


引用:タレントデータバンク

映画『宇宙兄弟』や『八月のクリスマス』などに出演している女優さんです。

2013年の山田まりあさんのブログで、ベビーベッドを山中夫妻にあげたことが書いてあり、「来月出産予定」と書いていたので、今6歳くらいのお子さんがいるようです。

https://ameblo.jp/mariya-yamada/entry-11499216250.html

山中崇の経歴について

山中さんは、多くのドラマや映画、CMなどで活躍しています。安定した存在感と味のある俳優さんですね。

山中崇の経歴

1978年、東京都に生まれました。

学生時代より演劇活動を始め、多くの舞台に出演します。演技に目覚めたのは、高校の文化祭の時で、クラスで戦争をテーマにした舞台を作り上げたのがきっかけだそうです。

大学では演劇サークルに入ります。カルチャーセンターや他大学で開催される演劇のワークショップにも参加し、そこで知り合った役者の卵や演出家たちとの縁で、小劇場の舞台にちょっとずつ出演するようになったそうです。

山中さんが俳優になったきっかけは、大学時代、岡本太郎の著書「自分の中に毒を持て」に刺激を受けたことです。

本の中に『やらない後悔よりもやってする後悔の方がいい』という意味の言葉があって、そのお陰で気持ちが固まったそうです。

当時就職活動をしていたのですが、「頑張って就活してどこかの会社に入っても、いつかきっと芝居の道に進まなかったことを後悔するはず。ならばとにかくやりたいことをやってみよう」と決心したという事です。

2006年、映画『松ヶ根乱射事件』では事件の渦中にいる主人公の双子の兄としてクセのある男の役に挑戦します。

それまで普通の青年の役を演じる事が多かったのですが、それ以降クセのある役をやることも増えたそうです。

2013年、連続テレビ小説『ごちそうさん』で、ヒロインの実家の洋食屋に入り浸る売れない文士・室井幸斎を演じ、一躍有名になりました。

他のことにはあきらめの早い山中さんですが、演劇だけはやめないでに夢中になるのはなぜなのか、考えてみたそうです。

「演じることで人について研究できる、そこが好きなんだと思いました。ある状況下で人の感情はどうなるのか。実在の人物なら歴史や当時の社会情勢を調べ、どうしてその人がそういう行動を取ったのかをあれこれ考えられる。それが単純に楽しいからなんだと」

根っからの役者さんなのですね。

 

主な映画出演作品

●2007年『松ヶ根乱射事件』
●2008年『ぐるりのこと』
●2009年『わたし出すわ』
●2010年『海炭市叙景』
●2011年『The Flowers Of War/金陵十三釵』
●2012年『ふがいない僕は空を見た』
●2012年『希望の国』
●2012年『アウトレイジビヨンド』
●2014-15年『寄生獣』シリーズ
●2015年『恋人たち』
●2015年『深夜食堂』
●2016年『エヴェレスト-神々の山嶺-』
●2017年『あゝ、荒野』
●2018年『菊とギロチン』

『深夜食堂』では、ヤクザのゲン役を演じていました。演技の幅が広いですね。

主なドラマ出演作品

●2013年『NHK連続テレビ小説 ごちそうさん』室井幸斎
●2009年『深夜食堂』
●2010年『闇金ウシジマくん』
●2018年『半分、青い。』 浅葱洋二
●2019年『面白南極料理人』
●2020年『東京男子図鑑』

NHK連続テレビ小説「ごちそうさん」の文士・室井さん役が印象的でした。

 

エールでの役どころ

ツイッターで「エール」出演のお知らせ ↓

山中さんが演じる天野弘は、闇市にあるラーメン屋の店主。

吟の夫・智彦(奥野瑛太)が、募集の張り紙を見てきたときに、軍服を着ているのを見て「そのたいそうな服、脱げ。仕事の邪魔だ」と言い、不満そうな智彦を見て「なんだその眼は」と一喝します。

「金は払ってくれるんだろうな」と聞く智彦に、腹巻の下の札束をひらひらと振って見せ、「こう見えて儲かってるんだよね」と言うのでした。

智彦は洗い物から始めます。戦災孤児のケンが来て、「ラーメン屋、似合うよ」というのに怒ったりもしますが、真面目に働くようになります。

智彦は友人に紹介してもらった貿易会社での仕事も結局やめて天野のラーメン屋を引き継ぐことにするのです。

天野の作るラーメンの味を守れるように修行するのでした。

まとめ

今回は闇市のラーメン店主・天野弘を演じている山中崇さんについてのまとめでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です