【エール】多田良介役の俳優は寺内崇幸!出演理由や経歴・プロフィールについても

朝ドラ「エール」で、裕一(窪田正孝)は、新聞記者の大倉健三(片桐仁)に頼まれて「栄冠は君に輝く」の作曲をすることになります。

作詞をした多田良介(モデル・加賀大介)を元読売ジャイアンツ内野手、現在は栃木ゴールデンブレーブス監督の寺内崇幸(てらうちたかゆき)さんが演じました。

出演のいきさつや寺内崇幸さんについて調べてみました。

 

【エール】多田良介役の俳優は寺内崇幸

「エール」で「栄冠は君に輝く」の作詞をした多田良介を演じているのは寺内崇幸(てらうち・たかゆき)さんです。


引用:https://s-rights.co.jp/member/terauchi-takayuki

出演のいきさつ

多田良介役を決めるにあたって、ドラマの撮影が栃木県内の球場で行われていて、その近くで野球経験者を探していたところ、寺内さんはどうかということになったそうです。

寺内さんは出演の話に驚いたそうですが、加賀大介の生涯を描いた映画『ああ栄冠は君に輝く』を鑑賞してから撮影にあたったという事でした。

野球選手の時に、試合に出なくても準備を怠らないことを学んだそうで、今回の俳優としての出演も準備をして臨んだのですね。

寺内崇幸の経歴・プロフィールについて

開幕戦のお知らせをする寺内さん ↓

プロフィール

生年月日 1983年5月27日
身長・体重 177㎝・73㎏
出身地 栃木県栃木市
出身校 栃木県立栃木工業高等学校
投球・打席 右投右打
選手歴 JR東日本    (2002 – 2006)
読売ジャイアンツ(2007 – 2018)
ポジション 二塁手、三塁手、遊撃手            
初出場 2008年3月29日
最終出場 2017年9月14日

プライベートでは、一般女性と結婚して男のお子さんがいるようです。

奥様は、アスリートフードマイスターの資格を持っているそうですよ。食事の面から寺内さんの健康をサポートしているのですね。

寺内崇幸の経歴

栃木県立栃木工業高等学校からJR東日本入り。JR東日本で力をつけ、JR東日本硬式野球部の4強入りに貢献しました。

2006年の大学生・社会人ドラフト会議において読売ジャイアンツから6巡目指名を受け入団。背番号は「69」でした。

この背番号はのちに、同じ栃木県出身の松崎啄也に受け継がれることになります。

現役時代は、代打、代走や守備固めなどスーパーサブとして活躍しました。

チームプレーに徹する姿から、ファンの間では「仕事人」と呼ばれていました

通算670試合、818打数 178安打 打率.218 5本塁打 39打点 40盗塁

日本シリーズ最多補殺28の記録を持っています。

2013年に最多の114試合に出場。オールスターゲーム2013にも出場しました。原監督がセ・リーグのスーパーサブとして選出したそうです。

寺内さんは2018年に引退します。2019年にBC栃木の監督に就任し、就任1年目にリーグ優勝を果たしました。

エールでの役どころ

寺内さんは、多田良介として甲子園の観客席から選手のプレーを観戦する役を演じました。

右足を切断している役どころで、松葉づえを使用していました ↓

寺内さんは現役時代、ふくらはぎの肉離れなどで松葉づえを使用した経験があり、それを活かして演じたそうです。

野球が好きだという、多田良介の気持ちを汲んで演じたそうです。

表情がとても良くて、絶妙な配役だというSNSの声も多数ありました。

インスタグラムより

PTAの研修会で講演 ↓

2019年にはおじいさまと一緒に高校野球観戦 ↓

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

今日はGW中のお休みで久しぶりの高校野球観戦! おじいちゃんと栃木の清原球場へ観に来ました! みなさん令和の時代も宜しくお願いします! #寺内崇幸 #高校野球

寺内崇幸(@terauchi00)がシェアした投稿 –

白T専門店に行かれたそうです。似合ってますね! ↓

まとめ

今回は「エール」出演の野球監督・寺内崇幸さんについてのまとめでした。

これを機会に俳優としてもまた姿を見せてほしいですね。

朝ドラ「エール」には、元阪神・掛布さんも出演していて、それについてはこちらに書いています。

>>【エール】大阪タイガースの掛田寅男役は誰?掛布雅之の経歴や六甲おろしについても

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です