【カムカムエブリバディ】雉真稔のモデルは誰?実在の人物と松村北斗についても

2022年前期のNHK連続テレビ小説「カムカムエブリバディ」にSixTONESの松村北斗さんが出演します。

朝ドラ出演は初めてで、大学生の雉真稔(きじまみのる)役を演じます。

映画『ライアー×ライアー』で森七菜さんととダブル主演を務めることでも注目の松村北斗さんについて調べてみました。

 

【カムカムエブリバディ】雉真稔のモデルは誰?

「カムカムエブリバディ」は、ラジオ英語講座を軸に、安子、るい、ひなたという三世代の女性たちの生涯を描いた100年に渡るファミリーストーリーです。

雉真稔は、岡山編に登場します。

カムカムエブリバディでの役どころ

「カムカムエブリバディ」では、家業である繊維業を海外に展開させることを志す大学生の役です。

地元で有名な名家・雉真家の長男で英語が堪能な好青年。

父の千吉(段田安則)が一代で築き上げた雉真繊維の跡継ぎという役柄です。

稔との出会いが安子の運命を動かしていくことになる重要な役どころです。

モデルになる人物は?

「カムカムエブリバディ」は、脚本を「ちりとてちん」の藤本有紀さんが描いたオリジナル作品なので、雉真稔もオリジナルキャラクターでしょう。

モデルと思われる実在の人物は見当たりませんでした。

稔には安子の同級生の勇(いさむ・村上虹郎)という弟がいますが、どちらかが安子と恋愛関係になるのかなど詳しいことはまだわかりません。

弟の勇についてはこちらに書いています。

【カムカムエヴリバディ】同級生・雉真勇役は村上虹郎!経歴や性格についても

雉真稔役の松村北斗について

雉真稔役の松村北斗さん ↓


引用:https://prcm.jp/pic/original-image/id/1fNQUc4

朝ドラ出演へのコメント

この度、初めて朝ドラに参加させていただくことが決まり、本当にうれしいです。
キャラクターとして演じる稔と僕自身は大きく違います。
しかし、台本を読んだ段階からこの役を満喫できる確信がありました!

皆さんの朝の楽しみの一要因になれれば幸いです。

経歴やプロフィール

北斗と言う名前は本名で、星が由来で、旅人が星を目印にしていたように、人の道標になるような人になってほしいという願いが込められているそうです。

プロフィール

生年月日 1995年6月18日
星座 ふたご座
血液型 B型
身長 177㎝
出身地 静岡県島田市
出身校 亜細亜大学 経営学部
趣味 読書、映画鑑賞、美術鑑賞
特技 空手、キーボード、アクロバット
所属事務所 ジャニーズ事務所 SixTONES

松村北斗さんはジャニーズ事務所のアイドルグループSixTONESのメンバーで、アイドルカラーは黒です。

経歴

小学5年の時、テレビドラマ『クロサギ』を観て、主演の山下智久に憧れを抱きジャニーズ事務所に興味を持ちます。

その年、NEWSのコンサートへ行きオープニング曲の「Stand Up!」の格好良さに惹かれジャニーズ事務所に入りたいと思うようになりました。

母親からオーディションの情報をもらい履歴書を書いたものの事務所からの返事はありませんでした。

2度目の履歴書を郵送するも返事は無かったのですが、諦めずに3通目の履歴書を送ったところ履歴書の山の一番上に会ったことからジャニー喜多川の目に留まり、ジャニーズ事務所からオーディションの連絡が届きます。

静岡から父親の車でオーディションへと向かいました。

オーディション翌日の2月15日に『ザ少年倶楽部』(NHK BSプレミアム)の収録に参加。この時の司会だったNEWSの小山慶一郎さんとKAT-TUNの中丸雄一さんも驚いていたという事です。

2015年に6人組ユニット『SixTONES(ストーンズ)』が結成され、その中のメンバーになります。

他は、ジェシー、京本大我、田中樹、森本慎太郎、髙地優吾で、テレビドラマ『私立バカレア高校』に出演した仲間でした。

その後はSixTONESの活動と共に俳優としての活動も増え、バラエティにも対応できるマルチタレントとして多くの番組に出演しています。

主なドラマ出演作品

●2012年『私立バカレア高校』
●2012年『黒の女教師』
●2012年『Piece』
●2013年『ぴんとこな』
●2014年『SHARK』
●2019年『パーフェクトワールド』
●2018年『クロスロード3』
●2020年『10の秘密』
●2021年『レッドアイズ 監視捜査班』

主な映画出演作品

●2012年『劇場版 私立バカレア高校』
●2016年『バニラボーイ トゥモロー・イズ・アナザー・デイ』
●2018年『坂道のアポロン』
●2021年『ライアー×ライアー』

『レッドアイズ 監視捜査班』での天才ハッカー役や、映画『ライアー×ライアー』で森七菜さんとのダブル主演が話題になっていますね。

松村北斗の特技や趣味がすごい!

松村北斗さんは、趣味や特技が多いですが、そのほとんどが出演番組のために習ったものや、出演することで好きになったもののようです。

例えばキーボードは、舞台『ジャニーズ銀座2016』公演で劇中歌「SMILE」を弾き語りしていますが、最初は鍵盤のなかで「ド」の位置がわからないレベルだったそう。

テレビドラマ『SHARK』で、DJの竜崎歩役を演じたことがきっかけで弾けるようになったようです。1日に10〜12時間も練習したそうですよ。

また、バク転やバク宙も舞台のために練習してマスターしたそうです。

 

家族などプライベートや性格

家族構成

家族構成は父・母・兄(3歳上)と犬が一匹で、ご両親は名前を「北斗」か「ほく」と呼ぶそうです。

顔は両親のどちらにも似ているそうですが、性格はお父さん似だという事でした。

松村さんには3歳上のお兄さんがいますが、子供の頃はおもちゃでよく一緒に遊んでいたそうです。

弟気質がいつまでも抜けないと雑誌のインタビューで話していました。

松村北斗の性格

内向的だった

松村さんは高校生の時に転校していますが、性格が社交的ではなかったので友達がすぐにはできなかったようで、勉強に打ち込んだら学年トップになったのだそうです。

休み時間や移動中のスキマ時間にちょっとずつ勉強するとよい、と中高生にアドバイスしていました。

成功思考が強い

小さい頃にテレビでカレー屋とラーメン屋が繁盛しているのを見て、カレーとラーメンを同時に扱う専門店を作りたいと思ったそうです。

大学で経営を学んだのは子供の時から企業することを考えていたから経営に興味があったのかもしれませんね。

ジャニーズの一員として舞台やドラマに出演するようになってからは「表現者として自分の存在を多くの人に知ってほしい」と思うようになり、どうしても芝居の分野で成功したい、という気持ちが強まったそうです。

役に対する取り組みがすごい

役柄に入り込むために、役に合わせて髪型を変えたり未知の分野に挑戦することをいとわない松村さんは、役柄で多くのことを身につけています。

障がいを持ち左足が義足の青年という役に挑んだ時には、車いすバスケットボールのプロチームと共に練習を重ね、車椅子のタイヤの摩擦で手の皮が剥けてしまいましたが痛さに耐えたそうです。

深夜バラエティの企画でポールダンスや三味線を短期間で習得し披露したこともありました。

絵の鑑賞や読書、映画視聴も趣味となり、「なにか(芝居の)肥やしにしたい気持ちがあるのかもしれません」と読売中高生新聞の連載に書いています。

まとめ

今回は、2022年前期のNHK連続テレビ小説「カムカムエブリバディ」岡山編に登場する雉真稔にモデルはいるのか、また稔役を演じる松村北斗さんについて見てきました。

放送後に情報を追加していきますね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です