買い物商品にコロナウイルスが付着?除菌方法と買い物の注意点についても!

 
新型コロナウイルスの感染防止のために外から帰ったらうがい手洗いをしますが、買い物した商品はどうしていますか?そのまま冷蔵庫や食品棚にしまうのは危険ですよ!

買い物商品にコロナウイルスが付着?除菌方法

買い物した商品にコロナウイルスが付着していることは十分に考えられます。

米国ミシガン州で20年間医師として働いているジェフリー・ヴァンウィンゲンさんは、家庭の食事から感染しないようにする方法を動画で紹介しました。

New England Jarnal of Medicine の記事によると、新型コロナウイルスは体外でエアロゾル状(気体中に浮遊する微小な液体または固体の粒子)になると3時間生存し、段ボール表面では1日、プラスチックや金属表面では3日間生存するそうです。

また、クルーズ船では17日間後でも新型コロナウイルスの生存が確認されたそうです。

この中でジェフリーさんは食料品やテイクアウトフードを安全に扱う方法を紹介しています。

ジェフリーさんが指摘するのは、食材やパッケージの外などにコロナウイルス粒子がついているかもしれないので、食材の入手自体にリスクがある、という事です。

そして医療で使用されているステラルテクニック無菌技術を使えば買い出しに行った時のリスクを下げられると言います。

スーパーに買い物に行く時の注意点

買い物に行く前に気を付けること

・ 呼吸器疾患を持っている人はスーパーに行かないこと。
・ 家族に60歳以上がいるときは、スーパーに行かせない。(これ、日本では無理だと思います)
・ 何を買うかを前もって決めておき、滞在時間を少なくする。
・ 2週間分の食料を買うようにしてスーパーに行く頻度を減らす。

買い物に行った時に気を付けること

・ 買い物に行ったらショッピングカートの持ち手を除菌シートで拭く。
・ 買うものが決まるまで商品を手に取らない。

買い物から帰ったら気を付けること

・ 食品を家に持ち帰ったら今すぐ必要なもの以外は家の中に持ち込まないように。
・ できればガレージや家の外に3日間置いておくのがよい。

購入商品の消毒の仕方

商品を家に持ち帰ったらすること

・ テーブルを殺菌消毒する。市販されている除菌スプレーでよい。ペーパータオルにスプレーしてテーブル全体を拭く。
・ テーブルはカラーテープなどで半分に分けて、除菌前の商品と除菌後の商品に分ける。
・ プラスチックなどで包装された食品は、消毒液で拭き取る。
・ シリアルのように外箱がある場合、外箱は捨てる。
・ ビニールに包まれた野菜などは外側のビニールを消毒する。
・ パンやお菓子は、消毒したプラスチックの容器に移し替え蓋をして保管する。
・ パックに入った飲み物などは直接パックを消毒する。
・ ビニール袋などに入っていない果物や野菜は、20秒間水洗いする。

テイクアウト商品の場合・その他

・ 包装紙の外側に触れないよう注意しながら、食料品を清潔なお皿に移す。
・ 電子レンジにかけたり熱を加えることでリスクを抑えられるかもしれない。
・ 冷凍状態ではウイルスは長生きする。

・ 宅配の場合は荷物を家の外に置いてもらう。

まとめ

なるほどこんな風にすれば食料品からの感染リスクを減らせますね!どこまでできるかは分からないですがやってみる価値はあると思いました。

新型コロナウイルスに関する他の記事はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です