【おかえりモネ】菅波先生との恋愛が気になる!80話でモネと抱擁



「おかえりモネ」14週で、いよいよ百音(清原果耶)と菅波先生(坂口健太郎)の恋愛が本格化しそうな展開になってきました。

モネの父・耕治(内野聖陽)が早とちりして「百音をよろしく頼みます!」というのに「はい」ときっぱり答える菅波。

14週での展開を振り返り、二人の恋の進展について考察します。

【おかえりモネ】先生との恋愛が気になる!

「おかえりモネ」でヒロインの恋のお相手が誰なのかはいろいろ言われてきましたが、ここにきて展開がありました。

13週で菅波の過去が語られる

13周で菅波先生の過去の「失敗」が語られます。

経験も実績もない新任の医師だった菅波の意見を聞いたことで、結果的にホルンの演奏ができなくなってしまった患者さんの話を菅波から聞く百音。

思わず菅波の背中をさすります。それは菅波にとって「手当て」だったのです。

百音に過去の話をしたこと、そして手当でいたわってもらえたことで、菅波の百音に対する気持ちが固まっていったのではないでしょうか。

14週67話でそばデート

67話で菅波先生がが百音を食事に誘います。

コインランドリーで洗濯が終わる48分の間、角のそばやに行くということなんですけど、食事のシーンは出てきません。

しかしちょっとずつ二人の距離が縮まっていく感じが分かります。

汐見湯に戻った後で二人は、災害を被る頻度が高い地域で暮らす人のことを話します。

菅波は医者らしい意見を述べます。

それに対して「先生はいつも正しいですけど少し言い方が冷たいです」と言う百音。

自分が故郷を離れたことにたいして負い目をもっているのです。悩んでいる百音を触ろうとする菅波。

自分が百音にしてもらったように、百音に「手当て」をしようとしたのでしょう。

すると突然百音の父が現れるのでした。

14週で父と菅波が対面

70話で百音の父・耕治は気仙沼へ戻る前に菅波を汐見湯に呼び出します。

百音は父が何を言うのかハラハラして見ていましたが、不審そうにじろじろ眺めていたのが一転、深々と頭を下げて「百音をよろしく頼みます!」と言うのでした。

すると菅波先生は、「永浦さんにもし何かあれば、僕にできることはするつもりです」と答えます。

さらに「頼みます」という耕治に対して「はい」ときっぱり答える菅波。

菅波先生の心の中ではモネに対する気持ちが固まっていることがわかってホッとしました。

しかしそのあと、「永浦さんってももねさんっていうんですね。もねさんかと思ってました」と発言。菅波先生らしさが垣間見えました。

百音の反応についての描写はなかったのですが、このシーンの後、百音が中継キャスターの役を受けると伝えるので、気持ちの切り替えができたのでしょう。

菅波先生が見守ってくれているという安心感が、新しいことに挑戦する勇気をもたらしてくれたのでしょうね。

朝ドラヒロインの初恋は実らない、と言われているようですが、「おかえりモネ」に関しては実ってほしいですね。

今後の展開は?

家に戻ってもモネの母・亜哉子(鈴木京香)と話をする耕治。菅波とのことが「早とちりなんじゃないの?」と言われて、そうかも…と落ち込みます。

そこで、状況をしっかり把握するために送り出されたのが百音の妹の未知(蒔田彩珠)。70話は未知が百音を訪れるところで終わります。


80話で菅波とモネが抱擁

二人とも思い合っているのになかなか仲が進展せずにやきもきしていたモネと菅波先生ですが、80話でやっと抱擁シーンが訪れます。

大学病院を離れて登米の診療所に専念すると伝えた菅波に、モネがやっと本音を言います。

「私も言われたんです。私は『正しいけど冷たい』って。彼は今だけでいいから、助けてくれって、私にすがったんだと思います。でも、応えることができなくって。なのに先生が目の前からいなくなっちゃうの、いやだって思ってるんです。すいません」

これは79話での亮の告白に毅然とした態度でいた百音が、自分は亮の気持ちに応えられなかったことへの後悔を含めた言葉になっていました。

この時会話を立ち聞きした妹の未知から、「おねえちゃんは・・正しいけど冷たいよ」と言われたのです。

自分の言った言葉が自分に返ってきた百音。

しかし百音が自分の気持ちを言ったことで、菅波が百音を抱き寄せるのでした。

本当に長いことかかりましたが、やっとここまで来た感があって感慨深いです。

菅波が登米の診療所に専念すると聞いた百音は動揺し、思わず手が菅波の手に触れます。その時に菅波が百音に「どうしたの?」と敬語を使わずに聞きました。

この「どうしたの?」がSNSでも話題になりました。

おちょやんとの比較

モネの恋愛を「おちょやん」の千代と比較していた方のツイートを紹介します。

なるほどですね。千代も芯の強い女性でしたが、結局結婚生活が破綻してしまいましたね。

確かに千代の気持ちには同情心もあったのかもしれません。

まとめ

13週から16週にかけての百音と菅波の恋愛の展開を振り返りました。

今後の展開も追記していきますね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です