【おかえりモネ】百音の祖父・永浦龍己役は藤竜也!俳優の経歴についても

2021年度前期のNHKの朝ドラ「おかえりモネ」で、ヒロイン百音(ももね)の祖父・永浦龍己(ながうら たつみ)役を演じているのは、藤竜也(ふじたつや)さんです。

藤竜也さんと言えば、ダンディーで渋い役柄を多く演じている俳優さんです。

もうすぐ80歳という年齢ですが、毎年映画やドラマに出演している名俳優です。

藤竜也さんについて調べてみました。

【おかえりモネ】百音の祖父・永浦龍己役は藤竜也!

藤竜也さん ↓


引用:映画.com

いつまでもダンディーな藤竜也さん。ドラマ「やすらぎの郷」では老人ホームでも女性にモテモテの役を演じていました。

藤竜也のプロフィール

藤竜也さんのプロフィールや経歴をお知らせします。

プロフィール

生年月日

1941年8月27日

星座

おとめ座

血液型

O型

身長

173cm

出身地

中華民国、北京 / 神奈川県横浜市

出身校

日本大学芸術学部演劇学科中退

趣味・特技

絵画 陶芸 クルマ スキューバダイビング

配偶者

芦川いづみ

所属事務所

藤竜也エージェンシー

 

藤竜也さんは、父親の仕事の関係で、第二次世界大戦中に中国・北京で生まれました。

日本の小田原に疎開し終戦を迎え、その後横浜に移り住みます。

幼少期に日本に戻ったため、現在中国語は話せないとのこと。

お父さんは、6歳の時に電車の事故で死去されたそうです。

大学が日本大学芸術学部演劇学科とありますが、特に映画製作や演劇に携わりたかったわけではなく、たまたま受かったのが演劇学科だったそう。

大学在学中に芸能界にスカウトされたため、あまり通学することなく中退されました。

芦川いづみと結婚

その後、1968年の藤竜也さんが駆け出し俳優の頃に、日活の看板女優の芦川いづみ(あしかわ いづみ)さんと結婚されています。


引用:https://www.pasonica.com/

当時は格差婚と言われたり、風当たりが辛かったようですが、石原裕次郎さんの協力があり、周囲の理解を得て無事結婚式を挙げることができました。

結婚式のタキシードも、石原裕次郎さんが用意してくださったとのこと。

奥様の芦川いづみさんは、結婚を機に女優を引退されています。

藤竜也さんは、今でも奥さんのことをとても大事に思っているそうです。

 

趣味は陶芸

藤竜也さんは、趣味に陶芸を挙げていますが、趣味が高じて、なんと自宅のお庭に陶芸窯を作ったそうです。

横浜そごうや横浜高島屋にて、陶芸展を開くほどの腕前だとか。趣味が高じてプロの域なのですね。

横浜中華街好き

そして藤竜也さんと言えば、TBSの人気番組「マツコの知らない世界」に出演し話題となった、横浜中華街好き。

過去に7冊も中華街の本を出版するほど中華街に詳しいのです。横浜中華街全店制覇を目指しているという事です。

藤竜也の経歴

藤竜也さんが芸能界でデビューしたきっかけは、なんとデートの待ち合わせ中。

当時お付き合いしていた彼女とのデートで、待ち合わせに彼女が遅刻した15分の間に、日活にスカウトされました。

しかし、右も左もわからない状態で芸能界に入ったため、どのように演じてよいのか全く分からなかったそう。

そんな藤竜也さん、デビュー作の「望郷の海」で名前のある役を貰いましたが、その後は長い間エキストラばかりだったそうです。

しかし、この時から何人かの映画監督や脚本家からは、いつか大物になると予想されていました。

仕事がない時は、撮影所のトレーニングジムに足繁く通って、一生懸命汗を流して、頭を空っぽにして時間をつぶしたそうです。

それが自分の中の焦りを消してくれる唯一の心の支えだった、と後に話していました。

「時間ですよ」が転機に 

転機となったのは「時間ですよ」で演じた謎の男、風間役です。

ここからお茶の間の知名度が徐々に上がりました。

「時間ですよ」は視聴率30%を超す人気ドラマだったため、テレビの影響力の大きさを実感したとのことです。

「愛のコリーダ」に主演

1976年に大島渚監督の「愛のコリーダ」の主演に大抜擢され、報知映画賞主演男優賞を受賞されました。

これは、猟奇事件として話題になっていた安部定事件を題材にしたもので、大島渚監督の作品でした。

藤さんは、この作品に出て有名になりましたが、出演を決めたのは「ストーリーがピュアで良かった」からで、「あの時断っていたら、一生後悔しただろう」と、振り返っていたそうです。

この映画は外国での評判も高いものでした。

 

その後は数々のドラマや映画に出演し、そのダンディーさから、写真集が発売されるほどの人気だったそうです。

2005年には、NHKの朝ドラ、「風のハルカ」にも出演しており、今回は約15年ぶりの朝ドラ出演です。

主な映画出演作品

●1970年 「反逆のメロディー」
●1976年 「愛のコリーダ」
●1079年 「黄金のパートナー」 
●1983年 「ションベン・ライダー」
●1985年 「友よ、静かに瞑れ」
●1987年 「塀の中の懲りない面々」
●1988年 「行き止まりの挽歌 ブレイクアウト」
●1998年 「ズッコケ三人組」 
●2003年 「許されざる者」  
●2004年 「海猿 ウミザル」 
●2005年 「KAMATAKI (窯焚)」 
●2008年 「しあわせのかおり」 
●2010年 「スープ・オペラ」 
●2015年 「龍三と七人の子分たち」
●2019年 「台風家族」 
●2020年 「コンプリシティ/優しい共犯」 井上弘 役

主なドラマ出演作品

●1973年 「時間ですよ」 
●1974年 「寺内貫太郎一家」 
●1975年 「悪魔のようなあいつ」
●1978年 「大追跡」 
●1987年 「ベイシティ刑事」
●1998年 「恋はあせらず」
●2001年 「北条時宗」 
●2005年 「風のハルカ」 
●2006年 「硫黄島〜戦場の郵便配達〜」 
●2010年 「10年先も君に恋して」 
●2012年 「家族のうた」 
●2015年 「木曜時代劇 / かぶき者 」
●2017年 「やすらぎの郷」 
●2020年 「第43回創作テレビドラマ大賞 ゴールド!」

主なCM出演作品

●モービル石油(現・ENEOS)「旅立ち篇」
●JT「キャスター」
●ポーラ化粧品 (香水:インシデント)
●ニチメン (メンズカジュアル:スビオ)
●三洋電機「エアコン」
●ポプラ
●興和「キャベ2コーワ」
●HOYA「HOYA」
●麒麟麦酒「キリン ブラウマイスタービール」
●金麦「サントリー 金麦」

「おかえりモネ」での役どころ

藤竜也さんの役どころは、ヒロイン百音(ももね)の祖父、永浦龍己(ながうら たつみ)役です。

おかえりモネ出演のコメント ↓

「朝ドラ」はたくさんの人が楽しみにしている番組なので、呼んでいただいて、とてもうれしいです。視聴者の皆さんと一緒に、モネの成長を見守り、応援したいです。ロケ地の宮城の皆様、お世話になります。どうぞよろしくお願いいたします。

https://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/1000/435665.html

龍己は地元では有名な、カキ養殖の名人です。

ヒロイン百音(ももね)や妹の未知に自然の魅力を教えてくれる、寡黙で頑固ながらも心優しい祖父役で、藤竜也さんにピッタリの役柄ですね。

奥さんの永浦雅代(ながうらまさよ)はすでにこの世にいませんが、回想で竹下景子さんが演じます。竹下さんは語りも務めていますね。

まとめ

朝ドラ「おかえりモネ」でヒロイン百音(ももね)の祖父・永浦龍己役を演じる藤竜也さんについて見てきました。

放送後に追記していきますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です