【エール】銀行事務員役の女優は堀内敬子!バツ3菊池昌子は藤堂先生と結婚していた!

追記:6月9日

朝ドラ「エール」11週で裕一は恩師・藤堂先生(森山直太朗)に頼まれて小学校の校歌を作ります。

校歌のお披露目会に招かれて久しぶりに福島に家族で帰るのですが、なんと藤堂先生は、裕一が以前勤めていた銀行の事務員菊池昌子(堀内敬子)と結婚していたのでした!

 

【エール】銀行事務員役の女優は堀内敬子!

朝ドラ「エール」3週目で裕一は商業学校を卒業し、伯父が頭取をしている川俣銀行に勤めます。

その川俣銀行の面々がやたら面白くて、深刻人生ドラマから一気にコメディか!?と思うくらいの急展開でした。

その川俣銀行の紅一点、事務員の菊池昌子(きくちしょうこ)がとてもいい味を出していました。菊池昌子について、また菊池昌子役の堀内敬子さんについてまとめてみました。

菊池昌子はこんな人

菊池昌子は川俣銀行で事務員をしています。古山裕一のモデルの古関裕而も銀行に勤めていましたが、その時に昌子のような事務員がいたのかは定かではありません。

昌子はバツ3だった!

裕一役の窪田正孝さんは昌子についてこんな風に語っています。

「昌子さんは“バツ3”なので、過去にはいろいろ傷つくことがあったと思うんですけど、それをみじんも感じさせない明るさがありますよね。もはや、みんなのお母さん。敬子さんの笑顔が現場に華を添えてくれています。でも、“年上のお姉さん”でもあって……。「(キスの)練習しとぐ?」と裕一に迫るシーンでは、獲物を狙うような目がおもしろかったです(笑)。」

この時代にバツ3!そして銀行勤め!?う~ん、只者ではありませんね。(笑)

バツ3菊池昌子は藤堂先生と結婚していた!

実は菊池昌子は、裕一の恩師の藤堂先生が銀行に裕一を訪ねてきたときから藤堂先生のことが好きで、裕一に頼んで喫茶店で自分を紹介してもらっていました。

藤堂先生は菊池昌子のアタックを受け入れたのですね。

菊池昌子と藤堂先生の結婚はTwitterでも話題になっていました。

戦死した夫の手紙を受け取る

89話では戦死した藤堂先生の手紙を裕一から受け取ります。

「あの人貴方のこと本当に好きだった。きっと自分の人生託してたのね」と裕一に言い、「(夫に)もう一度会いたい」と涙を流すのでした。

自分の感情に正直な昌子さん。藤堂先生は手紙で、「自分の気持ちを素直に出すことが不得手だった自分を君が変えてくれた」と書いていました。

昌子さんが夫を亡くした悲しみから立ち直って、あの明るさを取り戻してほしいです。

 

菊池昌子役の堀内敬子さん

堀内敬子さんは1971年東京生まれの48歳。

運動神経がよく、中学時代はバスケットボール部のキャプテンで全国大会にも行きました。小柄だったためバスケットボールを続けることはあきらめ、高校の演劇科に入学、卒業して劇団四季の研究所に入りました。

劇団四季時代は数々のミュージカル作品でヒロインをつとめ、「美女と野獣」のベル役にも抜擢されました。

退団後ドラマや映画に出演し、劇作家の三谷幸喜さんに高く評価されて舞台『12人の優しい日本人』でおばさん役を演じ演技力の高さを認められました。

NHK連続テレビ小説では
●ゲゲゲの女房  – 畑野先生 役
●マッサン  – 中村美紀 役

で出演しています。

とても綺麗な方ですね^^

でも演技では役が憑依すると言われるほどで、「エール」での昌子はどこから見ても世話好きなおばさんにしか見えません。

ツイッターでも話題に

私もいっぺんでファンになりましたよ!

井上希美と似ている?

藤丸役の井上希美さんが堀内敬子さんに似ているというツイートがたくさんありました。

お二人とも劇団四季出身で、「美女と野獣」のベル役も務めたという事で共通点がありますね!

まとめ

今回は「エール」の銀行事務員菊池昌子と、その役を演じる堀内敬子さんについてのまとめでした。昌子はこれからも裕一の恋の手ほどきをするようですよ。楽しみですね!

※NHK朝ドラ「エール」の他の記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です