【おかえりモネ】菅波先生役・坂口健太郎の俳優経歴!百音との結婚についても



「おかえりモネ」14週で菅波先生とモネの距離がぐっと縮まってきました。

二人の仲がなかなか進まずにやきもきしていましたが、これで結婚の可能性も見えてきたのではないかと期待します。

こちらでは菅波先生役の坂口健太郎さんについて、また「おかえりモネ」での役柄について見ていきたいと思います。

【おかえりモネ】菅波先生役・坂口健太郎の俳優経歴!

なんともさわやかな坂口健太郎さん ↓


引用:映画.com

菅波先生とは?

こちらのツイートに菅波先生についてまとめられているので紹介させてもらいました。

医師で男前で真面目で誠実

●不器用で理屈っぽくて患者さん以外にはコミュ障でサメ好き

サメ好きについてはバスの中でサメのぬいぐるみが紙袋から出ていたなど、今までに何度か出てきましたが、百音との初デートがサメ展の予定だったようです。

坂口健太郎の俳優経歴

プロフィール

生年月日 1991.07.11
血液型 O型
身長 183cm
出身地 東京都府中市
趣味・特技 読書、バレーボール
所属事務所 トライストーン・エンタテイメント

 トライストーン・エンタテイメントは、小栗旬さんや田中圭さん、綾野剛さんも所属する大手事務所です。

経歴

坂口健太郎さんは、1991年東京生まれです。高校生の時はバレーボール部に所属。さぞかしモテたことでしょう。

2010年、「MEN’S NON-NO」のオーディションに合格し、専属モデルとなります。

色白で目元が涼しい「塩顔男子」として人気になりました。

2014年に映画「シャンティ デイズ 365日、幸せな呼吸」で俳優デビューします。

2015年にはTVドラマ「コウノドリ」に出演。

2016年の「64 ロクヨン」で、 東洋新聞サブキャップ役を好演し、第40回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞しました。

映画の主演作は「君と100回目の恋」(2017)、「今夜、ロマンス劇場で」(2018)など。

 

NHK連続テレビ小説では「とと姉ちゃん」(2016)に出演しました。

2021年10月からの火曜ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」では、百瀬柊(ももせしゅう)役を演じます。

ここでの坂口さんは菅波先生の時と全然違う雰囲気です。堅物というところは共通していますが、演じる役柄で全く違う表情ができるって役者さんってすごいですね。


菅波先生と百音との結婚についても

14週になってやっと二人の結婚の可能性が見えてきました。

モネの父・耕治の早とちり

モネの父・耕治(内野聖陽)が東京に来て、気仙沼へ戻る前に菅波先生を呼び出します。

菅波をジロジロ上から下まで眺めたと思ったら、急に頭を下げて「百音をよろしく頼みます!」と言ったのです。

「いやまだ蕎麦屋にしか…」と口ごもりながらも「永浦さんにもし何かあれば、僕にできることはするつもりです」と答えます。誠実ですね。

さらに「頼みます」という耕治に、菅波先生が「はい」ときっぱり答えました。

お父さんの早とちりナイスです。

本当に二人は以前から相思相愛だと思うのですが、仲がなかなか進展しなくて、やきもきしていました。

ネットでは、菅波先生のモネに対する思いがだんだんわかってきて、表現の不器用さを含めて人気がどんどん高まってきています。

Twitterでは、「#俺たちの菅波」というハッシュタグも出現。皆さんの菅波愛が半端ありません。

しかし、菅波先生はまだモネに触れることすらできていないのです。小学生か!って感じですよね。

菅波先生がモネに触れられる日はいつ来るのか、期待して待ちたいと思います。

今後の展開

今後の展開について少し見ていきます。(ネタバレあり)

15週で百音は初めて菅波と日時を決めて会うことになります。明日美は百音にそこで自分の気持ちを伝えるように言います。

しかし前日に亮が現れ、その晩汐見湯に泊まります。

翌日百音に会いに来た菅波と亮は鉢合わせ。

菅波は「すみません、せっかく。久しぶりだったんじゃ」というのに、「いやいやこっちが邪魔して」と気遣い帰っていく亮。

この時の約束は、菅波の急な仕事で次の日に変更になりました。

母の亜哉子から、亮の父親の新次が大暴れしたことを聞き、亮が悩みを抱えて東京に来たと知った百音は亮に「このまま帰っちゃだめだよ」と汐見湯に再び連れてきます。

そこに幼なじみの三生と悠人も仙台から駆け付け久しぶりに仲間が集まります。

百音はすっかり菅波のことを忘れていました。慌てて電話をかけると、いつもと変わらぬ様子で「そちらの時間を大切にしてください」という菅波。

百音はホッとして、仲間との時間を過ごします。

次の日に仲間を見送った百音は張り切って仕事をし、帰宅してコインランドリーで洗濯しているところに菅波先生が。

百音と亮のことが気になってやってきたのでした。

いつもと違い動揺を見せる菅波。つかえながらも百音に自分の気持ちを伝えます。

自分のことを思ってくれていることが分かり、百音の胸は熱くなりました。

百音との結婚の可能性は?

進展があったとはいえ、まだまだ結婚までは程遠い二人。15週では幼なじみの亮が東京に来て、百音に悩みを打ち明けます。

亮は百音にしか本音を話せないようです。ということは亮の本命の人は百音なのでしょうか。

一方の百音は、亮のことを幼なじみとしか思っていないようで、気持ちは菅波先生に向いているようです。

百音の妹の未知は亮のことが好きで、何かと百音を頼る亮が百音を好きなのではないかと思い「おねえちゃんばっかり」と嫉妬しています。そして菅波先生につい、亮と百音が通じ合っている、と余計なことを言ってしまうのでした。

まだまだ先が見えない菅波先生と百音。

Twitterでもいろいろな声がありました。

亮とモネが幸せになってほしい、というツイート ↓

こちらの方もりょうーちん×モネ押しだそうです ↓

モネと菅波先生の恋を応援したい方 ↓

モネに出会って表情豊かになった菅波先生。モネといると幸せそうですよね。

今から結婚式のシーンを考えている方もいました ↓

菅波先生に本気を出すように活を入れているツイート。 ↓ 確かに・・・

坂口健太郎はソ・ガンジュンに似ている

坂口さんは、韓国ドラマ「君はロボット」で主演したソ・ガンジュンさんに似ていると言われています。

わたしも「君はロボット」のお知らせを見たときに、なぜ坂口さんが出ているのだろうと思ってしまいました。

似ていますよね。


まとめ

今回は、菅波先生役の坂口健太郎さんについて、また「おかえりモネ」での役柄について見てきました。

ふたりの恋の進展が気になりますね。新しい情報があれば追記します。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です