レイチェルのキッチンノート ロンドンを見た感想!シュペッツレのレシピや作り方も

 
NHKEテレで再放送のレイチェル・クーのキッチンノート、今回レイチェルは故郷のロンドンに行き、アイディアをもらって「スパゲッティ・ボロネーゼ」「たまねぎとチーズのシュペッツレ」「ヘーゼルナッツキャラメルのソフトクリーム」を作りました。

その中からレイチェルの祖母が得意だった「シュペッツレ」のレシピや作り方をご紹介します。

「レイチェルのキッチンノート ロンドン」を見た感想

レイチェルのおばあちゃんドーシャはオーストリアに住んでいて、料理が大得意だったそうです。いつも家族のためにたくさん料理を作っていたのがレイチェルに受け継がれたのかもしれませんね。

今回もバターをたっぷり使っていましたが、レイチェルは、「おばあちゃんが見たら、まだまだバターが足りないって言いそう」と言いながら作っていました。

いつも「バターはすべてを美味しくする」と言っていたおばあちゃん、どれだけバターが好きなんでしょうか^^;

レイチェルが作った「たまねぎとチーズのシュペッツレ」のレシピ・作り方

【材料】

タマネギ: 5個
ニンニク:4片
卵: 2個
小麦粉: 適宜
バター: 1箱と炒めるのに半箱くらい
チーズ: 大きめの1個くらい(ここではパルメザンを使ったが、風味の強い熟成チーズなら何でもよい)
ハーブ: バジル・タイム・エストラゴン

【作り方】

1.皮つきタマネギを4分の1に切って天板に並べ、皮つきニンニク4かけと一緒に焼く 

180℃の余熱したオーブンでこんがり色づいてしんなりするまで30分位

2.パスタづくり: 

・卵・小麦粉・バターにパセリを加える 緑色のパスタを作るため
・ブレンダーにパセリを入れて卵2個とバター1箱入れて混ぜる
・ボールに移して小麦粉を混ぜる
・穴が大きめのざるを使う。プラスティックのカードで穴から押し出す。

 

 

・ぐらぐら沸かしておいたお鍋のお湯の中に押し出して上に浮いてきたらゆであがったしるしなのですくって取り出す。ざるに挙げてお湯を切る

3.フライパンにバターを入れ、タマネギ※1、シュペッツレを入れてハーブ※2、チーズ※3を入れ炒める。 ハーブ、チーズは少し取っておいて最後にもかける。

※1.タマネギをオーブンから出す。パリパリに焼けている。 根の部分の切り落として皮をむき、きれいにほぐす。

※2.バジル・タイム・エストラゴンをザクザク刻む

※3. チーズはおろし器でおろす


 

出来上がり ↓ ↓

この料理は日本にいてもそろう材料ばかりだし、(ハーブはそろわなくても大丈夫だと思う)、タマネギや卵といったヒーロー食材※が入っていて栄養も十分なので、作ってみるのに良いと思います。普通のパスタに飽きたときにもいいかも。このパスタなら手作りできて失敗もなさそうですしね。

レイチェルも、地味な材料が華やかな主役になると言っていました。

※ヒーロー食材についてはこちらの記事にあります。

まとめ

シュペッツレはオーストリアの伝統料理で、オーストリア人はシュペッツレ用のざるを持っているらしいですよ。パスタの生地を押し出すのに使うためです。面白いですね!

※レイチェルのおいしい旅レシピの関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です