レイチェルのスウェーデンのキッチン6の内容は?エビトーストやヴァレンベリ・バーガーの作り方も

レイチェル・クーは、イギリス出身のフードライター兼料理人です。

2015年にスウェーデン人の旦那さんと結婚し、現在はスウェーデンに家族で暮らしています。

レイチェルのスウェーデンのキッチン(6)で、レイチェルは現在暮らす北欧・スウェーデンの自然の恵みを生かした食文化を探検し、森のコテージでレイチェル流のオリジナルレシピを作りました。

 

レイチェルのスウェーデンのキッチン6の内容は?

おしゃれなレイチェルさん。ビビッドカラーの洋服が素敵です!


引用:https://www.pinterest.jp/

エビトーストやヴァレンベリ・バーガーの作り方も

今回レイチェルは、イエーテボリのフェスケショルカという魚市場に行きました。フェスケショルカとは、スウェーデン語で「魚教会」という意味です。まるで協会のような建物なのだそうです。

2階で食事できるようになっていて、新鮮な魚介類料理を食べられます。レイチェルはレストランのオーナーに伝統的なエビサンドの作り方を教わりました。

サンドといってもはさんでなくてオープンサンドですね。上に乗っているのはクラウンディルです ↓

 

レイチェル流エビトースト

今回レイチェルは、スウェーデン第2の都市イエーテボリの魚市場にあるレストランで、伝統のエビサンドを食べました。

スウェーデンではサンドイッチと云えばオープンサンドのことで、エビは甘エビを使います。

「レイチェル流エビトースト」はエビサンドのアイディアから生まれました。

●ブンパーニッケルのパン(甘みのあるライ麦パン)を一口サイズにスライスして焼く

 

●トッピングを作る。マヨネーズとクレームフレッシュ、塩にリジョンマスタード、塩コショウ、殻なしエビ、刻んだディルを混ぜる。

●焼いたパンにバターを塗り、トッピングを乗せて、オレンジ色のキャビアを乗せ、その上にチャイブを刻んで乗せる。

「ヴァレンベリ・バーガー」

スウェーデンでは、ハンバーグが人気料理で、レッドビーツ入りのものが定番です。

レイチェルは、伝統のハンバーグをアレンジした「ヴァレンベリ・バーガー」を作りました。

●豚のひき肉をフードプロセッサーに入れ、牛乳と卵の黄身と塩・こしょうをして混ぜます

●冷蔵庫で寝かせてから取り出してまるめてパン粉をつけ、両面を4,5分カリカリになるまでフライパンで焼く

●さらにオーブンで5分位焼く

●焼いたパンの片面にレタス、ハンバーグ、コケモモのジャムを乗せてパンではさむ

「クラッドカーカ」

3品目はスウェーデン定番のチョコレートケーキ「クラッドカーカ」のアレンジです。

スウェーデンの「クラッドカーカ」は、表面はカリカリ、中はしっとりとした焼き上がりの、濃厚なチョコレートケーキです。

レイチェルは、大胆にもベジタリアン版を作りました。バターの代わりにアボカドやナツメヤシを使ったものです。

以前はバターをブロックで使っていたのに、なんという変わりよう…

ヘルシー志向になったのでしょうか。

このケーキには砂糖もナッツも入れていなくて、動物性のものは一切使っていないそうですよ。

まとめ

レイチェルのスウェーデンのキッチン6の内容やレイチェル野作った料理について見てきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です