レイチェルのおいしい旅レシピ スペイン・バルセロナを見た感想まとめ!チュロスやタパス・イチジクのトリュフチョコレートも

NHK Eテレで「レイチェルのおいしい旅レシピ」が再放送されています。

今回レイチェルはスペインのバルセロナに行って、スペインの有名な揚げ菓子チュロスを甘くない前菜ふうにアレンジしたり、現地のレストランで料理を習ったり、スペインの伝統料理タパスに挑戦したりしていました。

感想と、チュロスやタパス・イチジクのトリュフチョコレートなど、今回レイチェルが作った料理を見ていきます。

 

レイチェルのおいしい旅レシピ スペイン・バルセロナを見た感想

レイチェルはバルセロナを華やかでおしゃれな街、と言っていました。

ガウディの作品にみられるような大胆なデザインと色彩豊かな街並みが続きます。

スーパーマーケットの中もとってもカラフル。レイチェルはバルセロナから斬新なアイディアをもらったようです。

バルセロナの市場

生き生きしてビビッドなレイチェルにバルセロナはピッタリ!今回も楽しい映像と料理で目が離せませんでした!

チュロスやタパス・イチジクのトリュフチョコレートも

ここからは、レイチェルが作った料理の作り方になります。

チュロスと赤パプリカのディップソース

チュロスはスペインの有名な揚げ菓子ですが、レイチェルはなんと甘くないチュロスを作ると言います。前菜になるチュロスだそうです。

作り方

チュロスの生地を作る

  • 塩・砂糖少々とベーキングパウダーを混ぜ、鍋でバターを溶かし混ぜた粉を入れる。
  • ポロポロになったら卵を入れ、なめらかになるまで混ぜる。
  • 星型の口がついた絞り袋に入れる。
  • 油を170℃にし、先ほど作った生地を絞りながら油に落としてハサミで切って揚げる。揚げ油にはひまわり油を使っていました。

 

ディップソースを作る

  • パプリカを半分に切りオリーブオイルを振りかけ、皮が黒くなるまでグリルで焼く。
  • 20分袋に入れて蒸らし、皮を剥いてトマト・にんにくと一緒にミキサーにかける。

仕上げ

  • チュロスにパプリカパウダーをかけ、赤いパプリカとトマトで作ったディップソースを添えたら完成。

レイチェル風タパス 3種

タパスはスペインの伝統料理。レイチェルはワンタンで具を包むアジア風タパスの作り方をバル(スペイン居酒屋)のシェフから習います。そして、自分でもアレンジしたタパスを作りました。

レイチェルのレシピはNHKのサイトに載っていました。こちらです。かなり下のほう。

チョリソーとヒヨコマメの煮込み

4~6人分
下ごしらえ : 10分
調理時間 : 20分

材 料
・オリーブオイル 大さじ1
ヒヨコマメの水煮 400g缶(固形量250g)
・ネギ 8本
・ローズマリー 大さじ1(刻む)
・チョリソー(加熱用) 2本
・パプリカパウダー 小さじ1
・トマト 1缶(400g)
・シェリービネガー 大さじ1

 

作り方
●1. 大きなフライパンにオリーブオイル大さじ1を入れる。ネギを小口切りにし、白い部分と青い部分に分ける。
ネギの白い部分とローズマリー、パプリカパウダー、ヒヨコマメをフライパンに入れ、強火で2分炒める。

●2. チョリソーを1センチの厚さに切り、フライパンに加えてさらに2分加熱する。シェリービネガーを加えて、弱火で蓋をせず、時々かきまぜながら10分煮込む。

●3. 缶詰のトマトを入れて、さらに5分煮込んで完全に火を通す。味を見て、必要なら塩・コショウを加える。

●4. 仕上げにネギの青い部分を散らす。

ポテトチップス、モルシージャと目玉焼き添え

4人分
下ごしらえ : 2分
調理時間 : 10分

材 料
・塩味のポテトチップス   100g
・モルシージャ   150g(2本程度、皮は取っておく)
・卵    3個
・オリーブオイルまたは菜種油    大さじ1

作り方
●1. 袋入りのポテトチップスを器に盛る。

●2. モルシージャを手でちぎるか、包丁で切って、乾いたフッ素樹脂加工のフライパンに入れる。3~4分炒めて、ポテトチップスの上に散らす。

●3. フライパンに油を入れ、卵を1つずつ割り入れる。白身が固まって黄身が半熟状態になるまで、2~3分焼く(蓋か皿をかぶせるとスピードアップ)。

●4. 目玉焼きもポテトチップスの上に載せる。フォークで卵を崩して召し上がれ。

パンコントマテ

4人分
下ごしらえ : 10分
調理時間 : 5分

材 料
・パン(サワードウ)    60gのスライス4枚
・トマト    300g
・茎付きの生バジル    40g(お好みで他のハーブでも可)
・ニンニク    2片(皮をむく)
・バター(有塩)    80g
・パプリカパウダー    ひとつまみ(お好みで)

作り方
●1. パンの両面をトーストする。

●2. トマトを薄切りに。

●3. 皮をむいたニンニクとハーブを細かく刻む(フードプロセッサーを使ってもよい)。バターを鍋で溶かし、ハーブとニンニクを加える。塩ひとつまみとコショウで調味する。

●4. トーストしたパンの上にトマトを載せ、熱々のハーブガーリックバターをかける。仕上げにパプリカパウダーを振る。

 

イチジクのトリュフチョコレート

デザートはイチジクのトリュフチョコレート。このレシピはバルセロナのスーパーマーケットで思いついたそうです。

●1.イチジクとピスタチオと塩、ナツメヤシ、その上にバターを加えミキサーにかけ、ペースト状になるまで混ぜる。

●2.混ぜたら一口サイズに丸める。

●3.フライパンの上でローストした松の実をミキサーにかけすり潰し、卵と砂糖・粉砂糖を加えペースト状になったら手で丸める。

●4.溶かしたダークチョコレートをコーティングし、フォークに載せて余分なチョコレートを落とす。

●5.すり潰した松の実、アーモンドでトッピングする。

まとめ

今回は甘くないチュロスが新鮮でした。

油で揚げるとき、直接油の入った鍋に絞り出していましたが、生地が固いのですごく力を入れているようでした。
料理は力仕事ですね。笑

※レイチェルのおいしい旅レシピの関連記事はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です