【レイチェルのおいしい旅レシピ】イタリア・アマルフィを見た感想まとめ!パンツァネッラやレモンの溶岩ケーキも

NHK Eテレで「レイチェルのおいしい旅レシピ」が再放送されていました。

今回は、イタリア・アマルフィでインスピレーションをもらってレイチェル独自の料理を作っていました。

感想と作り方やレシピをご紹介します。

【レイチェルのおいしい旅レシピ】イタリア・アマルフィを見た感想まとめ!

レイチェルさんはフードライターでもあり料理人でもあります

旅をすることでインスピレーションをもらって独創的な料理を作ります。

今回はイタリアのアマルフィに行って現地の家族経営のレストランの厨房で料理を習ったり、路地のケーキ屋さんでレモンクリームの入ったケーキを食べたり、現地の文化や料理からアイディアをもらってレイチェル独自の料理を作りました。

おしゃれでとっても楽しい番組でした。レイチェルもお料理もとってもカラフル!

旅先の様子や現地の人たちとの交流も面白い。そしてインスピレーションを感じて作るお料理の素敵なこと!

手が込んでいるのに、なんだかとても簡単にできそうな気がするのはなぜだろう。魔法にかかったみたいです。

お料理を作るのが楽しそう、そして作った料理を友人たちと食べるホームパーティーもおしゃれな感じでした。

今回イタリアのアマルフィ海岸に行ったレイチェルは、イタリアの太陽をたっぷり浴びた新鮮な野菜を使った料理を思いつきます。

アマルフィはイタリアのナポリから南へ約50km行ったところにある地中海沿いの町で、断崖絶壁が続くアマルフィ海岸に面して築かれ、中世にはアマルフィ公国として勢力を誇ったこともあったそうです。

1997年に「アマルフィ海岸」として世界文化遺産に登録されました。

↓ アマルフィの町

 

パンツァネッラやレモンの溶岩ケーキも

ここからは、レイチェルが作った料理の作り方を書いていきます。

レイチェル風パンツァネッラ

パンツァネッラは、パンを使ったサラダです。パンの中に野菜をたっぷり入れて作ります。

作り方

●1.ナスを薄くスライスし、塩を振って余分な水分を飛ばします。

●2.鍋に水、砂糖、白ワインビネガーを入れる。

●3.鍋を火にかけ、砂糖を溶かす。2,3分茹でて香りをつける。

●4.バジルとケッパーでソースをつくる。にんにく一片とバジル、オリーブオイルをミキサーで混ぜる。レモン汁を加える。

●5.大きな鉄板を温める。ナスにオリーブオイルを塗って、鉄板に並べて焼く。
※ナスが余ったらハーブと一緒に瓶に入れオリーブオイルに漬けると美味しいナスの前菜ができます。

●6.丸くて大きいパンの上の部分を切って蓋にする。パンの中身をかき出す。

※掻き出したパンの中身は一口サイズにちぎって、オリーブオイルを入れて熱したフライパンでカリカリに焼いてクルトンを作ります。

●7.野菜やチーズを詰めていく。ナスはパンの内側を覆うようにびっしりと並べる。次にモッツァレラチーズ、バジルとケッパーのソース、トマト、パンの中身で作ったクルトンを交互にぎゅうぎゅうに詰める。

※蓋をして切り分け、倒して皿に置くと中身がトマトの赤、モッツァレラチーズの白、ソースの緑でイタリアの国旗のようでとってもカラフル。

ズッキーニのトマトソースリングイネ

リングイネはやや平たい楕円形のロングパスタですが、レイチェルはその代わりにきゅうりを細く切って使いました。

なんてヘルシーなんでしょう。食べてみたい♡

ポイントはズッキーニをうまくスライスすること。レイチェルはスライサーを使ってズッキーニをリングイネのように細くスライスしていました。

ズッキーニ1本が一人分。

作り方はトマトソースを作り、最後にズッキーニを入れて火を通します。

NHKのサイトに材料が載っていました。こちらです。
ページのかなり後ろのほうにあるので、こちらに貼らせてもらいました。

●1.鍋ににんにく4かけ、オリーブオイルにトマトの缶詰を開けて入れる。トマトを押して細かくつぶす。

●2.10分煮込み少し濃くなったら、ブラックオリーブとケッパーを入れる。塩漬けのものは水洗いしてから。

●3.最後に細切りにしたズッキーニを入れて火を通す。よくソースを絡めて1,2分で出来上がり。パルメザンをかける。

 

フォカッチャ

作り方

●1.小麦粉に塩とインスタントドライイーストを混ぜて、お湯を加え(熱湯はだめ)イーストを発酵させる。

●2.粉とお湯をよく混ぜ合わせる。生地がまとまったらボールから出して調理台でこねる。パン生地ほどこねなくてもよいし、発酵時間も短め。
※くっついても粉を足さない。少しべとべとするほうが柔らかく焼きあがる。

●3.生地が滑らかになったらボールに入れて発酵させる。

●4.発酵したら小さめのフォカッチャを10個作る。丸く形を作ったら指でくぼみを作りオリーブオイルをたっぷり注ぐ。

●5.ローズマリー、ブラックオリーブ、ドライトマト、パルメザンをそれぞれトッピングしてさらに30分ねかせる。

●6.生地が十分膨らんだらオーブンに入れる。
※オーブンに入れる前にもう一度トッピングを押し込めておく(そうしないと膨らんでトッピングが落ちてしまう)

 

レモンの溶岩ケーキ

アマルティはレモンが有名。人の顔くらい大きいものもあります。昔は船乗りの壊血病を防ぐために女性がレモンを届けたそうです。

【レモンカードを作る】

●1.レモンの皮を削り器で削る。

●2.レモンの果汁を110mlくらい絞る。

●3.皮を削ったものを入れる。あとでケーキ部分を作るときに使うので少し残しておく。

●4.鍋にレモン果汁と砂糖、卵2個を入れ弱火にかけてかき混ぜる。とろりとした感じになるまでしっかり混ぜ、バターを入れ完全に解けるまで混ぜる。
※レイチェルはレモンカードをヨーグルトに入れたりトーストに塗ったりして食べるそうです。

●5.絞り袋にレモンカードを入れて冷蔵庫に入れ30分ほど冷ます。

【生地を作る】

●1.バター、砂糖、卵を混ぜ、残しておいたレモンの皮を加える。

●2.牛乳と小麦粉も入れて混ぜる。

●3.ココット型にバターをしっかり塗る、その後砂糖を内側にまんべんなくふりかける。

●4.3のココット型に生地を半分くらい入れる。

●5.冷蔵庫に入れておいたレモンカードを生地の中に絞り出して入れる。その上から生地を重ねる。

●6.オーブンに入れて15分くらい焼く。

●7.焼きあがったらすぐにココット型から取り出してひっくり返して皿に載せる。
※型から出すときは、型に沿ってぐるっとナイフを滑らせてケーキを外す。型に入れたまま置いておくと砂糖が固まって取り出せなくなる。

このケーキ、スプーンを入れると中からレモンカードが出てきて溶岩のようなので、レモンの溶岩ケーキというのですね。とっても美味しそうでした。

「レイチェルのおいしい旅レシピ」が見られる動画配信サイト

レイチェルのおいしい旅レシピの過去の放送が動画配信サイトから見ることができます。

無料で観られる方法もありますので、こちらをご覧ください。

レイチェルのおいしい旅レシピを配信している動画サービスは?無料で視聴可能も!

まとめ

私はこの番組を今回初めて見ましたが、レイチェル・クーがとっても素敵。イタリアの町を歩いているときもレストランでインタビューしながらお手伝いをしている時も、生き生きしていて目が離せません。

イギリス生まれで、BBCの料理番組に出演して人気になったそうです。

お料理もお洋服もとってもカラフルで見ていて楽しい!

「レイチェルのおいしい旅レシピ」は今後もNHKでシリーズで再放送されるようです。楽しみですね!

※レイチェルのおいしい旅レシピの関連記事はこちら

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です