【エール】音の姉・吟の夫の俳優は?奥野瑛太の役どころや性格・経歴についても

朝ドラ「エール」で、音(二階堂ふみ)の姉・吟(松井玲奈)は、5回目のお見合いで結婚相手を決めました。

吟の夫となったのは、陸軍の馬政課に所属している軍人・智彦です。

奥野瑛太さんが演じています。

軍服姿が決まっている奥野瑛太さんはどんな俳優なのでしょうか。見ていきたいと思います。

 

【エール】音の姉・吟の夫の俳優は?

吟の夫の俳優は奥野瑛太(おくの えいた )さんです。

↓ このようなたっぷりと着やすい洋服が好みなのだそうです。モデルさんみたいに立ち姿が決まっていますね。


引用:UOMO

ネスレのCMでも活躍しています。上司の平田満さんとの掛け合いも楽しい。こちらはメッセージ ↓

「エール」で奥野瑛太の役どころ

鏑⽊智彦は、⽣真⾯⽬な⻘年軍⼈です。

智彦が笑っている貴重な一枚↓

鏑⽊智彦は吟が東京に出てきて5人目のお見合い相手でしたが、気が合って順調に交際を重ね、ちょうど音が裕一のことを相談しに豊橋に行った時に、吟と婚約の報告に来ていたのでした。

鏑木の叔父はコロンブスレコードのディレクター廿日市で、その縁もあって音はコロンブスレコードに裕一を売り込みに行ったのです。

鏑木智彦が着ている軍服からどこから来た縁談かを推測するひぞっこさん、すごすぎます!

71話で智彦が古山家に来た理由

9月21日の放送で、智彦と吟が古山家にやってきます。

智彦は裕一に頼みたいことがあるようです。

智彦の勤務先の陸軍の馬政課で映画を作ることになりました。

その映画は「暁に祈る」で、主題歌の作曲を裕一にお願いしにやって来たのです。

裕一は作詞家と歌手を指定することを条件に、この話を引き受けます。

作詞を鉄男(中村蒼)、歌を久志(山崎育三郎)が担当するのです。

「福島三羽ガラス」の活躍が始まりますね!

「露営の歌」で、裕一と久志が有名になり、鉄男は置いてきぼりにされた感じがあったので、この「暁に祈る」で挽回したいですね。

しかし、軍部の要求は厳しく、鉄男は作詞に難渋することになります。

戦後は屋台のラーメン屋に

戦後は軍人のプライドもあり、なかなか就職も決まらずに奥さんの吟(松井玲奈)をやきもきさせましたが、最終的には屋台のラーメン屋になるようです。

そこまでの経過はこちらに書きましたので良ければご覧ください ↓

【エール】吟の夫・智彦の復員後の就職先は闇市のラーメン屋?軍人からの経緯も

奥野瑛太の経歴について

奥野瑛太(おくの えいた )さんは、1986年生まれ、北海道苫小牧市出身の俳優です。所属事務所はエビス大黒舎からE.C.Gに移籍しています。

北海道室蘭栄高等学校、日本大学藝術学部映画学科卒業。身長176cm。特技はアイスホッケー、スキー、インラインスケート、ダンスだそうです。(ウィキペディアによる)

日本大学芸術学部映画学科に在学中から、インディペンデント映画に出演。卒業後は舞台を中心に活動し、07年に旗揚げした劇団「赤堤ビンケ」の全公演に参加する。08年、入江悠監督の「SR サイタマノラッパー」(08)にブロッコリーラッパー・マイティ役で出演し、シリーズ3作目「ロードサイドの逃亡者」(12)で映画初主演を務めた。この作品に登場するヒップホップグループ「SHO-GUNG」として音楽活動を行うほか、ダンサーとしても活動している。

引用:https://eiga.com/person/92578/

「SR サイタマノラッパー」を宣伝していた時のご本人のブログはこちら。 俳優人生初期の生の声が書き綴られています。

主な出演作品

近年の出演映画

●2018年 「友罪」
●2019年 「愛唄 -約束のナクヒト-」
●2019年 「凪待ち(白石和彌監督)」
●2019年 「アルキメデスの大戦」
●2019年 「タロウのバカ」

公開予定の出演映画

●2019年 「葬式の名人」
●2019年 「3人の信長」
●2019年 「最初の晩餐」

近年の出演ドラマ

●2017年 「バイプレイヤーズ 〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜 」
●2017年 「おんな城主 直虎」
●2017年 「絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜」
●2017年 「駐在刑事 SEASON2 

奥野瑛太の性格

奥野さんは生一本な性格で、演技に関しては一歩も譲らないところがあるようです。

「SR サイタマノラッパー」劇場公開前には入江監督の不仲説が話題になっていて、実際公開前のイベントに奥野さんは途中で顔を出したものの、終わりまでいないで姿を消したそうです。

でも後にシリーズ3のDVDリリースのトークイベントには参加して、入江監督の誕生日をサプライズケーキで祝ったそうです。よかったですね。

奥野さんは演技のことには人一倍情熱を持ち、監督とも対立するくらいだったのですね。

奥野瑛太の交友関係や結婚について

奥野さんは映画「アルキメデスの対戦」で共演した菅田将暉さんや柄本佑さんと仲が良くて、グループLINEを作っているそうです。

朝ドラ「エール」では吟と結婚する役ですが、奥野瑛太さんは結婚されているのでしょうか。

その情報は残念ながらないのですが、以前柄本佑さんが「しゃべくり」に出演されたときに、ご自分と奥野さんが妻子持ち、と話したようなので、奥さんやお子さんがいらっしゃるのかもしれませんね。

地元を気に掛ける一面も

奥野さんの出身は北海道の苫小牧市です。ミニシアターのことをツイッターに載せていました。

エール・ 奥野瑛太の演技力とネットの声

奥野瑛太さんの最初の出演作は「SR サイタマノラッパー」(2009年)という、ラッパーを夢見る軟弱な青年役でした。また、映画「凪待ち」では、ノミ屋のお兄さんという役どころで、「可愛いっす!」のセリフが話題に。

今回の軍人役とは全く違うキャラクターを演じていました。

どの役どころでもぴったりはまるのは演技力があるからでしょう。

ネットでもエールでの奥野瑛太さんがカッコイイ!という事が多数ありました。

役柄が軍人なだけに、今後の展開を心配する声も ↓ ↓

まとめ

・音(二階堂ふみ)の姉・吟(松井玲奈)の夫・智彦を演じているのは奥野瑛太さん

・71話の最後に智彦と吟が古山家に来た理由

・奥野瑛太さんの経歴

についてまとめてみました。

陸軍の軍人らしいきりっとした顔立ちと凛々しい立ち姿が素敵ですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です