【エール】吟の夫・智彦の復員後の就職先は闇市のラーメン屋?軍人からの経緯も

朝ドラ「エール」19週では、戦争後のお話になります。

その中で音の姉・吟(松井玲奈)の夫・智彦(奥野瑛太)は軍人として出征しますが復員して帰ってきます。

戦争が終わり、軍人の職業がなくなったため、智彦は就職先を探さなくてはなりませんでした。

 

【エール】吟の夫・智彦の復員後の就職先は闇市のラーメン屋?

智彦役の奥野瑛太(おくのえいた)さん ↓

智彦は就職先を探しますが、元軍人という経歴が邪魔をしてなかなかうまくいきません。

そんな中ひょんなことから闇市のラーメン屋で働くようになります。

店主の天野(山中崇)から怒鳴られたり、戦争孤児のケン(浅川大治)にからかわれたりしながらも、ラーメン作りに熱心に取り組んでいました。

軍人からの経緯

職業軍人は戦後しばらく公職には就けず、職探しに苦労したそうです。

軍人たちはGHQ の仕事をしたり、自営業や農業をしたりしていました。闇商売をするものもいたようです。

智彦も、なかなか就職が決まらずにいました。

地元の会社を断る

智彦は、地元の会社に就職しようと応募し、決まりかけますが、実際の仕事が「工場でくず鉄集め」だと聞いて断ります。

軍人だったプライドがあったからです。

担当者は、軍人としての立派な経歴は役に立たない、というのでした。そして、食べ終わったラーメンどんぶりを見せて、「一杯のラーメンだって、作るの大変なんだよ。あんたできる?うまいの作れる?」と言います。

面接担当者についてはこちら ↓

【エール】智彦の面接担当者は世界忍者戦ジライヤだった!俳優の筒井巧についても

智彦は自分を否定されたような気持ちと怒りを抱えて闇市に行きます。

毎日お酒を飲んで就職活動もしないでいました。

ラーメン屋の手伝いを始める

あるとき屋台のラーメン屋に、募集の張り紙がしてあるのを見た智彦は、就職しようとした会社の担当者の言葉、「一杯のラーメンだって、作るの大変なんだよ。あんたできる?うまいの作れる?」を思いだし、やってやろうと思い店主に手伝いたい、と言います。

すると店主は、軍服を脱いで、洗い物から始めるように言うのでした。

店主の天野についてはこちら ↓

【エール】ラーメン屋の店主・天野弘役の俳優は?山中崇の経歴についても

ラーメン屋の手伝いを始めてか月が経ちましたが、智彦はまだネギをうまく切ることができません。

練習していることろに戦災孤児のケンがやってきます。

ケンは、「かしてみろ」と言ってネギを上手に切るのでした。

感心する智彦に、ケンは自分の身の上を話します。

ケンについてはこちら ↓

【エール】戦災孤児ケンの子役は?浅川大治のプロフィールや経歴についても

ケンにネギの切り方を教えてくれ、と頼む智彦。プライドの塊だった以前なら考えられないことです。

いままで軍人として生きてきて、ある意味世間を知らなかった智彦ですが、ラーメン屋の店主・天野やケンと知り合うことで人間としての深みが出てきましたね。

吟(松井玲奈)は夫の智彦が何の仕事をしているのか気になって、智彦が家を出て行ったあとをつけて様子を伺います。

ラーメン屋の手伝いをしている姿に驚きますが、後にそれもよし、と腹をくくります。

いったん貿易会社に就職

ラーメン屋の手伝いを順調にしていた智彦ですが、軍人時代の同期の松川から貿易会社の就職を誘われます。

松川についてはこちら ↓

【エール】智彦の軍人時代の同期・松川役の俳優は?木原勝利の経歴についても

松川は智彦がラーメン屋で働くことを同期として恥ずかしいから助けてやったのだと言います。

智彦はいったん貿易会社に就職を決めますが、その言葉を聞いて貿易会社を辞めます。

そうしたのは「人のために命を燃やせるのがあなたの誇りだ。貿易会社でもラーメン屋でもどちらでもいい。その生き方ができる選択をしてほしい」という吟の言葉がありました。

ラーメン屋を仕事に

吟の言葉に励まされ、智彦は今までの軍人としてのプライドを捨ててラーメン屋を仕事にすることにします。

智彦は天野が店を構えたため、屋台を引き継いだのでした。戦災孤児のケンは住み込みで屋台を手伝うようになります。

これまでの智彦

軍人時代の智彦は、軍人として誇りをもって生きていました。

吟にも軍人の妻としての役割をきちんと果たすことを要求していました。

吟はそれに答えて、国防婦人会に積極的に参加したり、好きなおしゃれもやめて従ってきました。

出征前に、吟が「どうかご無事で」と言った時には、「軍人の妻が無事など願うな」と一喝しましたね。

裕一との関係

吟はお見合いで智彦と出会いましたが、それには裕一が関係しています。

裕一の勤めていたコロンブスレコードのディレクター、廿日市が智彦の叔父だったのです。

そんなことから吟と智彦のお見合いが決まりました。

吟は長女として関内家を守るため、婿養子をとりました。智彦は鏑木の姓を捨てて関内智彦になったのです。

裕一にアドバイスも

智彦は、裕一がコロンブスレコードに入社して、なかなか曲が書けずにいたときに、裕一にアドバイスをしています。

自分が軍人として、家族のため、お国のために生きていることをあげ、裕一も誰かのために曲を作ってはどうか」と言うのです。

その言葉を聞いて裕一は作曲にたいする気持ちが変わり、西洋音楽にこだわらずに歌謡曲を書くようになりました。

裕一に作曲を頼む

戦争がはじまり、智彦の勤務先の陸軍の馬政課で映画を作ることになりました。

その映画は「暁に祈る」で、智彦は主題歌の作曲を裕一に頼みます。

裕一は作詞家と歌手を指定することを条件に、この話を引き受けます。

作詞を鉄男(中村蒼)、歌を久志(山崎育三郎)が担当し、「福島三羽ガラス」の活躍が始まりました。

まとめ

今回は、吟の夫の智彦の復員後についてのネタバレでした。

智彦役の奥野瑛太(おくのえいた)さんについての記事はこちらになります ↓

【エール】音の姉・吟の夫の俳優は?奥野瑛太の役どころや性格・経歴についても

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です